子宮頸がん予防ワクチン接種時の痛みについて | 上坊敏子 先生(相模野病院)

(第1回 相模野病院 上坊先生インタビュー)

子宮頚癌予防ワクチン接種時の痛みについて  投稿者 よっすぃ~☆ 専業主婦 24歳 こんにちは! 初めて投稿させて頂きます。 今月22日に子宮頚癌予防ワクチンのサーバリックス (Cervarix) を接種する事が決まりました。 初の筋肉注射でとても緊張しています。 接種された方、痛みはどうでしたか? 詳しく教えて頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。実際の投稿画面はこちら

ヒルル:サーバリックス(子宮頸がん予防ワクチン)は痛いのですか?

上坊先生:はっきり言って、痛いです。私の35才の娘が接種してきて、そう言っていました(笑) 筋肉注射ですし、薬の成分から考えても痛いと思いますね。
上腕部に打ちますが、注射を打った部分がまっ赤になる人や打った当日に全身倦怠感を訴える人もいます。痛みが2~3日続く場合もあるようです。でも、3日もすれば消える痛みですし、がんの骨転移のようにずっと続く痛さ痛みとはわけが違います。

ヒルル:「これから接種するとき、気をつけることは何ですか?

05.jpg上坊先生:特別なことはありません。当日 渡される注意事項のメモも、常識的なことですよ。お風呂も特に禁止していません。子宮頸がんのワクチンは半年間に合計3回(1回目を打った後、2回目をその1ヶ月後、3回目をその6ヶ月後)接種します。
ただし、妊娠中は接種できません。接種期間中に妊娠した場合、2回目の接種が済んでいれば、出産してから3回目を接種することができます。もし、2回目の接種を打ち損ねてしまうと、残念ながら1回目からやり直しです。

ヒルル:ワクチンを打つ前に、子宮がん検診を受けた方がいいですか?

上坊先生:ワクチン接種前の子宮がん検診は必須ではありません。でも24歳の女性なら、私は受けた方がいいと考えています。もし何か病気が見つかれば、そちらの治療が優先です。よっすぃ~☆さんは20代ですから、細胞診さえすれば、HPV検査は受けなくていいです。
HPV検査は20代の人だと四人に一人ぐらいはHPVに感染していて検査が陽性に出てしまいますが、多くの場合HPVは自然に消えてしまいます。ワクチンにはHPVの再感染を予防する効果がありますから、HPV検査の結果が陽性でも陰性でもうつ価値があります。逆にHPV検査を受けなくてもいいことになります。

ヒルル:ワクチンを打つ必要がない人は?

06.jpg上坊先生:30代、40代でLEEPや円錐切除術を受けた人については、予防ワクチンを接種した方がいいという報告はまだないんです。それに、円錐切除術を受けた人は定期的にしっかり検査しているわけですから、私は予防ワクチンを打つ必要はないと思います。
どうしても心配なら、担当の先生と相談してみてください。50代以上の人も、予防ワクチンより定期検診をきちんと受ける方が安くて効果的ですね。

 

ヒルル:予防ワクチンは3回接種で5万円くらいですよね。高い気がするのですが。

上坊先生:私は高くないと思いますよ。命の方が大事です。それにサーバリックスは少なくとも20年は有効のようですから、インフルエンザのように毎年接種する必要はありません。ただしワクチンで予防できるのは、頸がんの70%くらいです。接種の後も定期的な子宮がん検診は不可欠です。ワクチンと定期検診を確実にすることで、子宮頸がんになるリスクは、ほぼ100%なくなります。
よっすぃ~☆さんの年齢なら、これから妊娠を控えていると思います。子宮がちゃんと残せることはとても大事なことです。実際に子宮頸がんになったら、妊娠を諦めなければならないかもしれません。治療にはお金もかかるし、精神的にも肉体的にも大変辛いです。それでも治ればいいですけど...。。

ヒルル:子宮頸がん予防ワクチンは最近注目され始めたばかりのせいか、セクシャルデビュー前でないとの効果がないとか、コンドームを使えばHPVに感染しないとか、たくさん誤解があるようです。

上坊先生:そうです。各国でセクシャルデビュー前の少女にターゲットを絞って接種するのは「より感染の機会が少ないうちに接種するのが費用対効果から考えてベスト」という意味で、すでにセクシャルデビューしている人に意味がないわけではありません。18歳でも24歳でも35歳でも、接種以降のウィルス感染に対しては十分有効です。
それから、「コンドームを使えばHPVに感染しない」というのも間違いです。エイズなら感染するのが精液の中にいるウィルスなので、コンドームで防御できますが、HPV(ヒトパピローマウイルス)は扁平上皮という子宮やペニスの粘膜の中にいる細胞なので、男性が一貫してコンドームを使い続け、女性も一貫して何かでカバーして一切直接接触しないなら話は別ですが、そうでなければ感染するんです。

ヒルル:地方自治体によっては、小学生高学年から中学生くらいの女子を対象に、無料にしたり半額負担をしたりしています。海外の先進諸国では政府が支援しているようですが、日本ではどうでしょうか。

上坊先生:新潟県魚沼市・南魚沼市県、埼玉県志木市、東京都杉並区、栃木県大田原市、兵庫県明石市などで子宮頸がん予防接種の料金を全額補助したり、名古屋市のように半額補助を決めたりしていますね。国が予防接種のターゲット年齢を提示していないので、接種対象年齢は、小学6年の地区もあれば、中学生の女子全員を対象にしているところもあるなど、自治体によってばらばらです。

ヒルル:海外では、子宮頸がんワクチンの予防接種を積極的に助成している国が圧倒的に多いようです。日本ではどうでしょうか。イギリスやオーストラリアは政府の啓発活動も充実していますよね。

上坊先生:海外では国の政策として、10代前半をメインエイジと想定して無料で接種し、それ以外の予防接種の希望者は26、27歳あたりまでをキャッチアップ年齢と位置づけて接種時に補助金を出している国が多いです。
日本は子宮頸がんワクチンの承認が海外より遅れた上、ワクチンを承認はしたものの、公費の女性や具体的な接種対象は決まっていません。国が方針を出していませんが、年間3, 500人もの女性が命を落としている子宮頸がんが予防できるのです。国は責任を持って、方針を打ち出すべきだと思います。 

Dr_jyoboh00.jpg

ヒルル:子宮頸がん検診の方は、日本でも特定の年齢の女性に無料クーポンが配られたようですが、受診率は上がっていますか?

上坊先生:今年から、住まいのある市区町村から20歳、25歳、30歳、35歳、40歳の女性に無料クーポンが配られたおかげで、明らかに受診者が増えています。役所からの通知を間違えて捨ててしまった人は、再発行してもらえるようですから、市区町村の役所に問い合わせてください。来年も継続されるようです。
 最後に大事なことですが、ワクチンは、予防効果は高いけれど限界もある。予防接種さえ受ければ、従来から行われてきた検診を受けなくてもよいと誤解されることを、私たち産婦人科医は一番恐れています。

ヒルル:よっすぃ~☆さんもお誕生日を迎えたら来年は無料で検診を受けられますし、これからワクチンを接種しても定期検診をおろそかにしないでくださいね。上坊先生、今日はありがとうございました!

ユーザーからの投稿を、上坊先生にお答え頂いた取材記事を掲載しています。

茶色いおりものがでます... 子宮頸がんの可能性もある? 投稿者:ゆうこさん (会社員 25歳)

子宮頸がん異形成、お医者さん探し 投稿者:ぽちさん(フリーター 32歳)

ヒルル「みんなの広場」投稿の回答

上坊 敏子(じょうぼう としこ)先生
婦人科腫瘍専門医
社団法人全国社会保険連合会 社会保険相模野病院 婦人科腫瘍センター長
北里大学医学部産婦人科客員教授