上坊 敏子 先生(相模野病院)| 先生紹介

上坊敏子先生,プロフィール
上坊 敏子(じょうぼう としこ)先生 
婦人科腫瘍専門医
社団法人全国社会保険連合会 社会保険相模野病院 婦人科腫瘍センター長
北里大学医学部産婦人科客員教授


経歴
1948年生まれ。1973年、名古屋大学医学部卒業。
社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター長、北里大学医学部産婦人科客員教授。専門は婦人科腫瘍学。

上坊敏子先生ってどんな人?
母校を卒業以来、北里大学で5年間、産婦人科医としての研修を受ける。その後はもっぱら婦人科腫瘍学を学び、細胞診指導医の資格、さらに国際細胞学会会員、婦人科腫瘍専門医の資格を取得する。子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんに代表される婦人科がんの診断と治療に明け暮れる毎日である。

全国でもがんの手術をこなす女性婦人科医が少ないことと、子宮体がんのホルモン療法に定評があることから、その外来には遠方からも多くの患者さんが訪れる。一方で、内外の学会での発表、論文執筆、後輩の医師や学生の指導にも多忙な日々である。


【お知らせ】2012年11月に上坊先生の新刊本 『卵巣の病気』月経の不調から卵巣がんまで(講談社)が発売されました。
overian_desease_syokai.jpg

著書に「知っておきたい子宮の病気」(新星出版社)、「女医さんシリーズ 子宮がん」(主婦の友社)、「女の子が大人になるとき読む本」(主婦と生活社)などがある。

dr_jyoboh_profile.jpg