近い将来どのような進歩があるでしょうか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

   近い将来どのような進歩があるでしょうか? 

シュナベル先生:画像診断において興味深い新しい技術が研究中です。乳房のトモグラフィー検査(断層撮影法)は乳房を立体的に再構築し、核スキャン( Nuclear scan )を用いてどの様に乳房の細胞が働いているかなどの情報が得られることを望んでいます。局部的な乳がん治療の進歩としては病巣、または病巣内におけるラジオ波焼灼術( Radiofrequency Ablation )やがんを凍結する( Cryotherapy)凍結療法などがあります。個人的には新しいタイプの PARP 阻害剤といわれる新薬に期待を寄せています。この薬は破損している DNA を修復するときに出るエラーを正すといわれています。この様なことをみても乳がんに対する未来は明るいといっていいでしょう。

en

What advances are on the horizon?
Intriguing new methods of imaging are under investigation: tomography of the breast, a three dimensional
reconstruction, and nuclear scans that may give us information about how breast cells function. Advances in the treatment of localized breast cancer may include radiofrequency ablation of lesions or, even better, of the cavity of a lesion, and cryotherapy, or freezing a cancer. I hope, too, that a new category of drugs known as PARP inhibitors fulfills its promise. These drugs seem to be able to correct issues in DNA repair. Altogether, the future looks bright.

 jaこの記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

NYC Cancer Instituteではどの様なリサーチが行われていますか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

  NYC Cancer Instituteではどの様なリサーチが行われていますか? 

シュナベル先生:乳房の部分的切除法でどのくらいの組織を切除するか特定することのできる機器の臨床試験を多施設と共に行っています。がんを完全に切除するためには切除したがん細胞の回り全てにがん細胞が残っていない安全域(クリアマージン)を確認することが必要です。微小の乳がんではどこまでがんが広がっているかわかり辛く、およそ 20% の患者が再度の手術を行いよりたくさんの組織をとることになります。私達が研究をしている機器( MarginProbe といいます)は電波分光法(Radiofrequency Spectroscopy)を用いて健康な良性と悪性の組織の違いを区別するのです。手術室では切除された組織の表面を医者が調べ、コンピューターアルゴリズムを使いさらに分析されます。もし切除された組織のマージンに悪性の腫瘍が残っていた場合、MarginpProbe という機器は一回機械音を鳴らします。そしてマージンに腫瘍が完全に残っていず、これ以上切除しなくても良い場合2回機械音がなるのです。また私達は Arlene and Arnold Goldstein と Mahnasset Women's Coalition Against Breast Cancer からの多大な寄付により乳がんに関するデーターベースを着手したところです。このセンターで乳がんの手術をした全ての患者についての情報が集められています。

Any exciting research projects under way at the Cancer Institute?

We're part of a multicenter trial for a device that could help us identify how much tissue to remove in a lumpectomy. To take out the cancer thoroughly and completely, you must include a margin of normal tissue on all sides of the excised tumor. With tiny cancers, it can be really hard to tell where the cancer ends, and about 20% of patients require a second procedure to take out more tissue. The device we're experimenting with--called the MarginProbe--uses radiofrequency spectroscopy to distinguish healthy and malignant tissue. In the OR, we examine the surfaces of a specimen after it's removed, and the readings are fed through a computer algorithm. The device beeps once if the margin is malignant and more tissue needs to be removed, twice if the margin is cancer free and no more cutting is required. We've also launched a Breast Cancer Database, funded in part by generous gifts from Arlene and Arnold Goldstein and the Manhasset Women's Coalition Against Breast Cancer. It accumulates information on every patient who has breast surgery here.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

予防的に行う乳房切除手術は健全な選択でしょうか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

  予防的に行う乳房切除手術は健全な選択でしょうか? 

シュナベル先生:BRCA1, BRCA2 の遺伝子変異を持つ人にのみ純粋な予防方法として選択があると思います。

また、一度乳がんにかかってしまった女性(治療後の年数にかかわらずです)のリスクは乳がんにかかったことのない健康的な女性のリスクとは決して同じではありません。がん が発症する可能性のある乳房が残っているのならなおさらです。事実、この様な女性の中で乳房全摘出手術を行う人は増えています。

私達医師が処方している乳がんのリスクを下げるであろう唯一の薬としては タモキシフェン(ノルバディックス)と ラロキシフェン(エビスタ)があります。

Is a prophylactic mastectomy ever a sound strategy?
As pure prevention, it's an option almost exclusively for people who carry the BRCA1 and BRCA2 mutations. A woman who has survived cancer--no matter how many years--never returns to the baseline risk of a normal healthy woman. She still has another breast in which cancer may develop. Mastectomies among these women are actually rising. As for medication, the only drugs we have to offer women that may reduce the risk of breast cancer are tamoxifen and raloxifene.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

乳がんが母方、父方どちらかの家系に見られるという事は重要ですか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

  乳がんが母方、父方どちらかの家系に見られるという事は重要ですか? 

シュナベル先生:両親からそれぞれ半分ずつ遺伝子を受け継いでいるため、特に違いはないようです。事実、父方から受け継いだ BRCA遺伝子の変異 というのはその父親が乳がんを発症しないことがあったり、乳がんを患った人が全て遠い親戚であったりして、きちんとした認識がされていないことが多々あるようです。家族履歴やアブノーマルな遺伝的を持つ女性が乳がんにかかることは少ないです。乳がんというのは複雑な病気で今でも直接の原因というのはわかっていません。


*治療に関しても進歩をしているのでしょうか?

進歩しています。一昔前の薬では良い細胞も悪い細胞も共に殺してしまうものでしたが、がん細胞に直接効く新しい製薬があります。例えば ハーセプチン はがん細胞の増殖を促すアブノーマルな遺伝子を持つ乳がんの25%から30%に効き目があります。このような治療は個々の特有ながんにターゲットを合わせることに役に立ちます。アバスティン はがん組織に栄養を送る血管の成長を阻害します。また患者自身の遺伝子ではなく、そのがん細胞の遺伝情報を読み解くことにより再発のリスクを予想するのに役立つ分析方法などもあります。

Does it matter if breast cancer is in the maternal or paternal line?
No difference. You get half your genes from one side and half from the other. As a matter of fact, paternal
inheritance sometimes doesn't look as close as it should because the father can transmit a BRCA gene mutation and not be affected by any disease, and so all the affected relatives are second-degree or more distant. But only a minority of women who get breast cancer have any family history or abnormal genes. It's a complex disease, and the exact causes are still unknown. Are we making progress when it comes to treatment? Absolutely. We've got new drugs that home in on cancer cells, unlike our older conventional medications that attack both malignant and healthy cells. Herceptin, for example, targets the 25 to 30% of breast cancers that are positive for an abnormal gene that stimulates fast tumor growth. That's helping us to tailor therapy to an individual's particular kind of cancer. Avastin sabotages the growth of blood vessels that supply nutrients to cancer tissue. We've also got assays that help predict the chances of a recurrence, by genetically profiling not the patient, but the malignant cells themselves.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

ハイリスクとはどの様に分類されるのでしょうか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

  ハイリスクとはどの様に分類されるのでしょうか? 

シュナベル先生: 一番乳がんにかかる可能性の高いハイリスクな女性というのは BRCA1 と BRCA2 という乳がんのリスクを高める遺伝的変異を持つ人です。この様な BRCA1とBRCA2の遺伝子の保持者は一番乳がん罹患リスクが高く、50%から85%の割合で乳がんを発症し、また 16% から 85% の割合で卵巣がんをも発症します。他にもわずかではありますが乳がんを発症する遺伝子があります、しかしながら BRCA1 や BRCA2 ほどのインパクトはありません。次に可能性の高い人は遺伝的変異がない人で 異型過形成 や 非浸潤性小葉がん が認められた人です。組織検査で乳房の細胞に変化が見られることによりそのような症状と診断されます。更には乳がんを発症する人が多い人家系の人はリスクも高まります。乳がん患者とどのくらい家系的に近いか、乳がんが発症した年齢、そのパターンなど様々な因子があります。

How is "high risk" defined?
The highest level of risk is people who have inherited mutations of the BRCA1 and BRCA2 genes. This population is at the top of the pyramid, with a 50 to 85% chance of developing breast cancer, as well as a 16 to 40% risk of ovarian cancer. A few other genes have been identified that are linked to an increase in breast cancer, but the magnitude is not as high as with BRCA1 and BRCA2 mutations. The next tier consists of people who don't have the mutations but have atypical hyperplasia and lobular carcinoma in situ. These are cellular changes in the breast that are diagnosed on tissue biopsy. In addition, women with a strong family history of breast cancer carry a higher risk of the disease. There are a number of factors here: how closely related the family member with breast cancer is, how old the person was at the time of diagnosis, and whether there's a pattern of breast cancer in the family compared with one individual.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

検査機器は進歩しているのでしょうか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

 検査機器は進歩しているのでしょうか? 

シュナベル先生: 乳房のMRI検査は飛躍的に進歩をとげた検査機器の一つです。私たちが使用している機器の中でも一番精密で、マンモグラフィーや触診で発見できなかった乳がんの3%を発見できています。しかしながらマイナスな部分もあります。それは高額で不便であり、造影剤を使用しなければいけないなど面倒な側面や、またある程度の偽陽性の結果が出ることで必要のない組織検査や更なる検査をすることになるからです。結果としてMRIは新しく乳がんにかかった女性でがんが他の場所に浸潤しているかどうか診断したり、乳がんにかかる可能性の高いハイリスクの女性に積極的に使用されています。

Are diagnostic tools getting better?
One of the big advances has been MRI exams of the breast. It's the most sensitive tool we have, picking up about 3% of breast cancers, those that don't show up on mammography or physical examination. But it has a downside: it's expensive, inconvenient, and uncomfortable--it requires use of a contrast agent--and it gives a number of false positives, which trigger unnecessary biopsies and follow-up exams. As a result, it's used primarily in newly diagnosed women to evaluate the extent of malignancy and in women at very high risk of developing the disease.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

生存率は良くなっているのでしょうか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

生存率は良くなっているのでしょうか?

シュナベル先生: 転移性がん患者を含めてどのステージに属す患者さんも生存率は良くなっています。1520年前は今に比べて医師としてできることが限られていました。どちらにしても乳がんと戦う一番良い方法は早期発見です。

Are survival rates improving?

Yes, in every category, including among women with metastatic disease. Fifteen or 20 years ago, we didn't
have much to offer them. That's not the case now. Still, the best weapon we have is early detection.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

乳がんはアメリカで蔓延しているのでしょうか?

A interview with Dr. Freya Schnabel, Director of Breast Surgery, NYU Langone Medical Centre.
Freya Schnabel M.D.,NYU LANGONE MEDICAL CENTER, NYU Cancer Institute, NYU Breast Surgery Associates,シュナベル 先生,ニューヨーク大学,乳腺外科部長,The Future Looks Bright,BCネットワーク

ヒルルにも出演してくれたシュナベル先生。これから7回にわたり、乳がんのことをもっと知りたいという人たちのために「Q&A」形式で答えて頂くことになりました。ニューヨークから最前線で治療にあたっているシュナベル先生の interview をお届けします。

 

 乳がんはアメリカで蔓延しているのでしょうか? 

シュナベル先生: 長い間乳がん患者の数は増加の一方でした。それはマンモグラフィー検診が普及した事と関係しているでしょう。2004年には初めて乳がんの発症率が少しですが下がりました。これはホルモン補充療法(HRT)を中止する女性達がいたことと関係しているかもしれないと考えます。しかしながら乳がんは女性の9 1人がかかる非常にありふれた病気であり続けています。

Does this country have an epidemic of breast cancer?

For a number of years, we saw a big incremental increase in breast cancer cases, but a percentage of that had to do with widespread mammography screening. In 2004, for the first time, we actually saw a small decrease in the number of cases being diagnosed. We think that may be a result of some women stopping hormone replacement therapy. Breast cancer remains, though, a very common disease, affecting one in nine women.

 この記事は、BCネットワークのweb site における「新着トピックス」2010年11月、及びNYU ランゴーンメディカルセンターの出版物 『news&viewsSeptember/October 2010 』を許可を得て転載したものです。(もちろん、シュナベル先生にもですよ。ヒルルのみなさんにお役に立てるのなら是非とのことです)

bcnetwork_small.png   NYUlogo.jpg

 BCネットワーク代表 山本眞基子さんから、みんなにメッセージが届いています >>>

 みなさんはじめまして、BCネットワークと言う乳がん患者団体の代表の山本眞基子です。BCネットワークは,ニューヨークで約5年前に30歳代で乳がんになってしまった日本人女性達で設立し,日米両国の日本人女性に向けて乳がん情報を発信している非営利団体です。患者さんや,サバイバー(経験者)の方対象のセミナー、シンポジウムだけでなく,乳がんにならないと確信している女性達にも乳がん早期発見の啓発活動ををおこなっています。電話での元患者さんボランテイアーによるホットラインサポートは日米両国でやっています。日本でのシンポジウムには,日米の著名な乳腺外科医の先生方も講演,トークに来てくださっています。今回のインタビューのシュナベル先生も今年夏7月に横浜に来てくださっていますよ。ヒルルのホームページから横浜でのシンポジウムの紹介をご覧くださいね。乳がんにかかってしまった皆さん、乳がん治療後に絶対再発しないと言う目的のために、色々な役に立つ情報を知って、乳がん治療後のライフは元気に健康にそして楽しく過ごしませんか。乳がんにかかって死ぬかもしれないと思う時期もあったあなただから,より毎日を楽しくイキイキとこれからのライフを過ごせるのだと,BCネットワークの運営メンバー(すべて乳がん経験者)は思っています。

BCネットワークは日本でのサポーター、寄付をお願いしています。2011年夏には,東京と横浜で第3回目の乳がん患者シンポジウムを著名乳腺外科医と開催予定です。

自分達の経験を生かしたいと思う方はBCネットワークへのサポーター登録をしませんか! 寄付もウエルカムです。 

〜NYにて、BCネットワーク代表 山本眞基子


詳細は、BCネットワーク web site; http://bcnetwork.org/
BCNetwork_large.png  
   Donate_Now.png

Key Note Speech, 「医師と患者のコミュニケ−ション」第2回乳がんシンポジウム@横浜 by BCネットワークJapan

2010年7月10日(土)、「はまぎんホール ヴィアマーレ」において、「BCネットワーク第2回乳がんシンポジウム@横浜」が開催された。

100804_01.gifBCネットワークは、NY在住日本人女性たちが設立した、乳がん患者団体(NPO)。基調講演では、代表・山本真基子さんの執刀医でもあり、現在NYで活躍するシュナベル先生(ニューヨーク大学・乳腺外科部長)が、患者力の大切さについて語った。

医療史の中では、「患者教育」は新しい出来事
 シュナベル先生は、まず人類がヒトの身体を解明してきた歴史、そして医療の歴史を振り返り、「患者への教育が始まったのは19世紀の終わりから20世紀のはじめにかけて」と説明。当時のポスターや新聞の見出しをひきあいに出しながら「ばい菌が病気の原因になることがわかると、医師は一般の人々に『衛生管理が病気の予防になる』と教えるようになった。これが患者教育の始まり」とした。

それ以前の医者は「一般の人は生物学や医学について知らなくて当然」と認識していた。しかし、コレラや黄熱病などの原因となる菌が発見され、その予防には衛生管理が効果的だということがわかると、医療の知識が人々に公開されるようになったのである。
糖尿病や心臓病で患者教育の効果が明らかに
 患者が病気について知ることで、病を予防したり症状を緩和したりできるという例は伝染病に限らない。その代表的な例が、糖尿病や心臓病だ。

 食事の改善や運動は、こうした病気に有効である。医師は患者のライフスタイルについて知り、食事や運動を指導し、患者の側は医師の指示に従って実践していくようになった。つまり、医者と患者のコミュニケーションは、ますます重視されるようになった。 「アメリカでは1970年代にこうした患者教育が始まり、血管病ではおおいに成果を上げてきました」とシュナベル先生。こうして、病に対応するには、医師と患者の対話が大切という意識が育っていった。
患者の権利であるインフォームド・コンセント
20世紀のアメリカでは、個人の権利を尊重しようとさまざまな社会運動が起こり、患者権利法も施行された。この法律では、患者には「どんな病なのか」「誰が治療するのか」「どんな治療をするのか」などといったことを知る権利があるとしている。

これにもとづいて義務付けられているのが、インフォームド・コンセント。患者は医師から病気の性質や治療方法などについて説明を受け、理解したうえで同意する。つまりコミュニケーションがなければ、インフォームド・コンセントは成立しない。
ただし「Don't Tell Mama Syndrome(ママには言わないで症候群)」という言葉があるように、がん患者などの場合は家族が本人に告知したがらないというケースもある。

100804_02.jpgシュナベル先生は「私が新米医師の頃は、患者に正しい情報を与えないことは絶対に間違いだと感じていた。でも、現在ではそうとは限らないということもわかっている」としたうえで、「患者は自分の病状についての情報が不十分だと、実際よりも悪いほうに考える傾向がある。しかし完全に情報を得られれば医師との信頼関係が築かれ、積極的に治療に参加できる。また、余計な不安などのストレスを受けにくい。自分に何が起きているのかをよく理解している患者は、副作用にもよく対処できる」と述べた。

医師と患者のコミュニケーションを円滑にするには
 「治療をうまく進めるには、医師は患者とよくコミュニケーションを取る必要がある」として、シュナベル先生は4つのポイントを掲げた。その4つとは、「1明確さ(患者が明らかに理解している状態にする)、2誠実さ(真実を述べ、患者には医師が知っていることを知らせる)、3現実的な期待(「絶対に大丈夫」などと安易なことは述べない)、4希望を与える(どんな状況にあっても患者を勇気づける)」である。

 こうしたコミュニケーションは、医師からの努力だけでなく、患者の積極的な参加によって初めて意味をなす。「乳がん治療はとくに、さまざまな方法があり複雑です。それらの治療法の内容、リスク、利点、副作用のほか、どのような代替療法があるのかといったことについても、患者がよく理解したうえで、治療方法の決定がなされるべきです」。つまり、患者が自身の病気について知ることは、治療の基盤となるのだ。
患者が自分たちで声を上げることも大切
 アメリカでは乳がん患者団体の活動が活発である。また、乳がんであることをカミングアウトする女性アーティストたちが登場するなど、雑誌やテレビなどでも乳がんについて声高に語ろうという動きが目立っている。「こうした女性たちの努力は素晴らしい。私たちは声高になりすぎるということはない」とシュナベル先生。

 そして「世界中の医師、科学者、そして女性たちが一丸となって力を合わせ、次世代のすべての女性の人生から、乳がんの脅威が取り除かれることを期待しています」と力強く述べた。
ヒルル読者へのメッセージ
100804_03.jpg 講演後、ヒルルのサイトを見たシュナベル先生は「ステキ! 日本語はわからないけれども、こういうサイトから乳がんなどの情報を得られるのは素晴らしい」と感想を述べてくださった。
 またヒルルの読者に対しては「病気と共にあるのは患者自身。主治医でもずっと24時間手助けすることはできません。だからこそ、知識を得て患者力を育ててほしい」とメッセージをくださった。「知恵と力を得た患者は、自分の病気に責任を持ち、自ら治療に参加できます。それがより良い結果を生むはずです」。

取材協力先;
BCネットワークJapan pink.gif
ジャムズネット東京 green.gif