「大切な家族ががんに・・・どうしよう?」保坂隆先生(聖路加国際病院)インタビュー


精神腫瘍医 保坂隆 先生(聖路加国際病院)インタビュー (BY Atsuko MINATO)
"すばらしい記事ですね。日本人の3人に一人はがんになると言われており、そのご家族を考えれば、どなたでも身近に経験する内容かと思います。保坂先生もすばらしいご活動をされているようで、このヒルルの記事で救われる方は多いのではないかと思います"
仲本光一先生 (外務省医務官、ジャムズネット東京代表)
"精神的に落ち込むのは、がん患者だけでなく、がん患者の家族も精神的に落ち込んでしまう事も多いという事実を初めて教えてくれたインタビューです。ヒルルさんのサイトに Thank you です"
山本眞基子氏(BCネットワークJapan代表)

Toukou_hahagagan.jpgヒルル:がんを告知された患者さんのご家族が、このように落ち込んでしまうことは珍しくありません。思いもかけないことで、どうしていいかわからなくなってしまうようです。 これから7回にわたって、そんな家族が患者と一緒にどうやったらがんに向き合っていけるのか、「がんと心」の研究をされている聖路加国際病院 ブレストセンター/オンコロジーセンター  精神腫瘍医の保坂隆先生にお聞きしたいと思います。DrHOSAKA_portrate02.jpg ■■■ 保坂隆(ほさかたかし)■■■
精神腫瘍医
聖路加国際病院 ブレストセンター/オンコロジーセンター サイコオンコロジー
聖路加看護大学院臨床教授
詳しくはヒルルサイト内「先生紹介」

家族は「第二の患者」   interview_1
  がんの場合、家族には矛盾する二つの側面がある

サイコオンコロジーってなに?  interview_2
  精神腫瘍学と、リエゾン精神医学

がん 告知する?しない?  interview_3
  告知を家族だけにすると、患者・家族同盟にヒビが入る
  がんの告知で患者の自殺願望が強くなると思うか?医師への調査
  告知しないことが患者の気持ちを楽にするわけではない

患者はどのようにがんを受け入れていくのか? interview_4
  「どうして私が!?」といった周囲への八つ当たりなど、根源には「怒り」
  受容への道は行ったり来たりしながら

カウンセリングの「五種の神器」 interview_5
  医療者・患者・家族が一体となって病気に立ち向かう環境

患者の家族はどうすればよいのか? interview_6
  ソーシャル・サポートのある/なしで病気の予後が変わる
  意外にもがん患者の方が元気で、家族の方がまいっているケース患者

患者も家族も、まず自分を知ることが大事   interview_7
  問題の根本に気づくようにガイドする
  保坂先生からヒルルユーザーへのメッセージ

  「実際に保坂先生のコンサルテーションを受けて」(湊 敦子)
   乳がんと子宮全摘を経験した私、うつ状態になったのは、
  決して珍しいことではなかった
   自分を客観的に分析し、自分の性格、癖、傾向を再認識
   ストレスへの対処の仕方やリラクセーションの仕方を具体的に学ぶ
   薬に依存せずに自分自身を取り戻すことができる

  保坂隆先生のコンサルテーションを受けるには

家族は「第二の患者」 保坂隆先生 interview_1  につづく