おっぱいのしこり、良性か悪性か・・・・(2/2)| 矢形寛 先生(聖路加国際病院)

(第6回 聖路加国際病院 矢形先生インタビュー)

ヒルル: 患者さんが前の病院から資料を頂いてこない場合には、どのような対応をなされてますか?
100922siroka1.jpg
矢形先生:資料がない場合は、他の病院でどういう検査をされたか、どう言われたかなど、まずはお話を聞いて、その病院から資料を持ってくることができるかどうかを訊きます。しかし、どうしても資料を取りに行きたくないという方もいらっしゃいます。その病院の診断結果にまったく納得がいかなかったり、そうであればしかたないのですが。あるいは、逆に「こちらから資料を取り寄せていいですか?」と、ご本人に了承を頂いた上で、前の病院から資料を取り寄せるという対応をすることもあります。やはり、資料を持参して頂けるなら、それが一番いいですね。

ヒルル: どうして資料が必要なんですか?
100922siroka2.jpg
矢形先生:たとえば他の病院で悪性の疑いがあると言われて来られたケース。その病院が何を元に悪性の疑いがあると言ったのか確認できないまま、こちらで検査してみたところ「異常ない」という場合に、向こうが本当は関係ないものを「悪性疑い」と言ったかもしれないですし、もしかしたら向こうの方が診断能力が高くて我々が見過ごしているのを見つけて「悪性疑い」と言った可能性もまったくないとはいえません。ですから、資料があると、私たちはより焦点を絞り込んだ検査ができるわけです。その結果、患者さんに「あそこの病院で言っていたのは、まったくの良性で大丈夫ですよ」と言うことができますし、逆に「ある」という場合には「やっぱり、おかしいですね」ということになるでしょう。資料がなければ、それに基づいた正確な確認の上での検査ができないので、やはり持ってきてもらうのが一番いいですね。
ヒルル: 矢形先生、本当に、ありがとうございました。矢形先生、ヒルルのユーザーと女性の皆さんに、メッセージを頂けますか?
矢形先生:乳がんは、現在日本女性のがんの中でもっとも多い病気です。若い方にも多いのですが、高齢になっても乳がんはなくなりません。定期的な検診にはぜひ行っていただきたいと思います。それから、何か異常があって病院へ行くときはいろいろと不安があるかもしれません。わからないときには医師に直接たずねてください。ご自分が納得し、医師と良好な関係を築きながら検査を受けていくことが大切だと思います。
ヒルル「専門医 ドクター Q&A」は、ユーザーに対して診断を行うものではありません。ある事例に対して、がんの予防や早期発見、治療などについての専門医による助言を提供し、医学的にどのような選択肢があるのか理解を深めていただくための情報コンテンツです。
また、投稿コメントが必ずしも投稿者自身の状態を正確に評価し、過不足なく記述されているとは限りません。当サイト内で得られた情報はあくまでも参考程度にとどめ、個々の症状およびケースについては、しかるべき医療機関を自身の判断で受診してください。(ヒルル管理者)