瀧澤 憲 先生(がん研有明病院)| 先生紹介

KenTAKIZAWA_MD.jpg
瀧澤 憲(たきざわ けん)先生  
 
昭和22年4月 横浜市で平凡なサラリーマン家庭に生まれる
昭和41年4月 東京大学教養学部入学
シュバイツァーの「森と湖の間に」を読んで共感する
昭和48年5月 東京大学医学部卒業と同時に産婦人科研修を開始する
昭和54年9月 妊産褥婦ならびに婦人科がん患者における血清診断で医学博士
昭和56年11月 米国NIH, NICHD, Pregnancy Research Branch,
Reproductive Toxicologyに留学
昭和58年10月 帰国し,三楽病院,東京女子医科大学,東京大学分院で勤務
平成9年4月 三井記念病院産婦人科部長
この頃から,尿管結石,腎結石,前立腺肥大,前立腺炎等,「老い」を感じさせる身体の変化を自覚
平成16年9月 癌研病院婦人科副部長
平成17年3月 癌研有明病院
レディースセンター長兼婦人科部長
平成21年9月 癌研有明病院
副院長兼レディースセンター長兼婦人科部長
平成23年4月 「公益財団法人がん研究会」へ移行に伴い
がん研有明病院へ名称変更
副院長兼レディースセンター長兼婦人科部長
平成24年10月 同院 顧問 に就任
現在に至る

瀧澤憲先生の診察スケジュールはこちら >瀧澤憲先生 最新情報 (2013年3月)

日本産婦人科学会評議員,日本婦人科腫瘍学会理事,日本婦人科手術学会理事,婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構理事,同子宮頸がん委員会委員長,日本産科婦人科学会専門医,日本がん治療認定医機構暫定教育医,日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医


瀧澤先生ってどんな人?
平成17年6月,私は手術後腸閉塞となり,10日間にわたって胃管,イレウス管を挿入されました。

病気の怖さ,治療の苦しさを実感した。

現在,両手の慢性湿疹(手の洗いすぎ),右手の薬指のバネ指(これがためテニスをやめました),遠視など,身体の老化を意識しながら診療に励む。

KenTAKIZAWA_MD_hands.jpg
滝澤憲先生の手(使命感と多くの患者さんからの感謝の言葉で動いています)

【関連記事】
「卵巣がんはどのように診断されるの?」 「チョコレート嚢腫ってがんになる?」
「卵巣がんにはどんな種類があるの?」「年齢によって症状は違うの?」
「卵巣がんになりやすい人は?」「母が卵巣がんなので、遺伝が心配!」

【著作】
2013年2月、瀧澤憲先生の新刊本が発売されました。セカンドオピニオンを検討されている方や、現在治療中の方で主治医の説明をもう一度確かめたり、整理するのにも便利、と好評です。


この2冊は、がん研有明病院で手術入院される方の必読の書