土井卓子先生から お知らせ『乳がん〜術後も楽しく美しく』いきいき市民健康講座 11月24日

乳腺専門医 土井卓子先生かまくら乳がんセンター長)から皆様に、お知らせが届きました♪♪   11月24日(土)13:00 より、『乳がん〜術後も楽しく美しく』をテーマに 参加費無料 の健康講座が開催されます。場所は、県民共済みらいホール(横浜市桜木町1-1-8-2)
土井先生の総合司会で、加藤直人先生(横浜南共済病院 乳腺外科)の講演「乳がん診療の道標」、山崎多賀子さん(美容ジャーナリスト)のメイクセミナー「〜生きる力が湧くキレイ塾〜」、体操「関節痛改善のために」他、みんなと意見交換の時間と盛りだくさん!

お申し込みは→ いきいき市民健康講座事務局 TEL: 0120-633-707 FAX: 045-225-6162 (※申込期間 9月24日から11月22日、TELは 9:00 〜 16:00 の受付)

毎度ながら土井先生の司会ディレクションは「神」です、その場にいる全ての人がイキイキしてきます。みんな、24日のことを多くの人に教えて拡散してくださ〜い(ヒルル編集長)

いきいき市民健康講座カラー[1].jpg
いきいき市民健康講座カラー[6].jpg

無料公開講座「大腸がん啓発ブルーリボンキャラバン」のお知らせ

3月17日(土)、患者さんや一般の皆様向けの無料公開講座 「大腸がん啓発ブルーリボンキャラバン」が秋葉原DXで開催されます。  NPO法人キャンサーネットジャパン のホームページから申し込めますので、ヒルルを見ている方々は、ご家族ご友人を誘って足をお運びください。

取材でよく専門医の先生に「。。。って何ですか?」と唐突に質問しちゃいますが、先生方は本当に話しの繋げ方が上手くてコミュニケーションスキルが高い。今回の東京医科歯科大学大学院の石黒めぐみ先生による『大腸がんとは?」は Podcast でも聞けたらいいのになぁと思います。それからNHK『龍馬伝』の紀行に楽曲提供したクラシックギターデュオ「いちむじん」の生演奏も聴けるそうです。就活婚活カツマーの人たちにとっても、いろいろと収穫アリな無料公開講座です(ヒルル編集長)

blue_ribbon_caravan.jpg お申し込みはこちらから、
NPO法人キャンサーネットジャパン http://www.cancernet.jp/2247


ブルーリボンキャラバン2012 in 東京「もっと知ってほしい大腸がんのこと」のお知らせ -3月は国際的な「大腸がんの啓発月間」です-

がん患者主体のがん医療の普及啓発を目指すNPO法人キャンサーネットジャパン(理事長:岩瀬 哲)は、大腸がん患者・家族のための無料公開講座「大腸がん啓発ブルーリボンキャラバン」を本年、金沢、東京、新潟、福岡、熊本、名古屋の全国6都市で開催します。

大腸がんと診断される人は毎年、日本で推計10万人以上にのぼり、罹患者数は胃がんに続き2番目に多く、全がん罹患者の15%を占めています。また大腸がんは運動・食生活による予防効果や、検診による死亡率の低下も明らかながんと言われています。一方で、大腸がんの治療法の進歩は目覚ましく、この10年、新規抗がん剤や分子標的薬の登場により、着実に生存期間の延長が報告されています。また、大腸の遺伝子検査により、事前に治療効果が予測できる個別化治療も進展しています。
しかし、日本では大腸がんの認知度は低く、治療の進歩についても知られておりません。米国の研究によると、科学的根拠に基づく最新の医療情報を調べる(知っている)患者は、適切な新しい治療を受ける比率が高かったと報告されています。このような背景により、大腸がんの啓発活動が必要です。

[ 東京会場開催概要 ]
開催日 2012年3月17日(土)
時間 14:00~18:00(開場13:30)
場所 秋葉原UDX 4F シアター
参加費 無料
協賛 メルクセローノ株式会社
後援 大腸癌研究会、公益社団法人日本オストミー協会、特定非営利活動法人ブレイブサークル運営委員会

l プログラム (総合司会:フリーアナウンサー 中井 美穂)
14:00 開会挨拶 NPO法人キャンサーネットジャパン理事 小西 敏郎
14:05 ご挨拶 東京医科歯科大学大学院 腫瘍外科学教授・大腸癌研究会 会長 杉原 健一
14:15 特別講演 走る(生きる)意味 NPO法人ニッポンランナーズ 金 哲彦
14:40 基調講演(1) 大腸がんとは?予防・検診の実際 東京医科歯科大学大学院 石黒 めぐみ
15:10 基調講演(2) 大腸がんの外科的治療と補助療法 北里大学医学部北里大学東病院 佐藤 武郎
15:40 基調講演(3) 大腸がんの薬物療法 国立がん研究センター東病院 吉野 孝之
16:10 休憩(15分)
16:25 コンサート いちむじん
17:00 Q&A パネルディスカッション もっと知ってほしい「大腸がん」のこと
〈パネリスト〉杉原 健一 石黒 めぐみ 佐藤 武郎 吉野 孝之 金 哲彦
17:50 閉会挨拶
18:00 懇親会希望者の方のみ参加費¥2000/予約が必要です。


土井卓子先生「乳がんの原因と予防・検診・診断について」視聴できます

TakakoDOI_MD.jpg
5月18日にライブ配信された『アピタル乳がん夜間学校』第2回目「乳がんの原因と予防・検診・診断について」土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がんセンター)の講義・Q&A他の模様がアーカイブ化されています。以下リンクからご覧になれますので、お時間のある方はどうぞ。

【asahi.com (朝日新聞社) アピタル乳がん夜間学校】

また、第1回目の山内英子先生(聖路加国際病院・乳腺外科) の講義もご覧になれます。
(山内先生、いつか取材にご協力お願いします。みんなの声があれば可能化かも... 投稿をお待ちしてます。ヒルル編集長)

土井卓子先生「乳がんの原因と予防・検診・診断について」USTREAMライブ出演

湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長の 土井卓子先生が、『アピタル乳がん夜間学校 第2回 「乳がんの原因と予防・検診・診断について」USTREAMライブ』にご出演されます。

 日時: 5月18日(水)21:00〜22:30
 視聴方法: インターネット放送 以下のURLにて、
 ※時間になると上記ページが自動的に動画画面に切り替わります

放送内容等の詳細については、

実に多くの乳がん患者さんから信頼を寄せられている土井卓子先生です。是非、ライブ配信でご覧ください。(ヒルル編集長)
Takako.DOI.MD.jpg
土井卓子(どい たかこ)先生
乳腺専門医
湘南記念病院 かまくら乳がんセンター
詳しくは、先生紹介

❒土井卓子先生記事:

大腸がん患者さん向け情報「大腸がんと診断された方へ」PDFファイル ダウンロード April 22, 2011

FOR PATIENTS WITH COLORECTAL CANCER, 大腸がんと診断された方へ, 主治医に確認すべき内容, KRAS遺伝子検査, 国立がん研究センター東病院, 消化管腫瘍科消化管科内科, 吉野孝之先生
メルクセローノ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マーク・スミス)ホームページから、「大腸がんと診断された方へ」と題するリーフレット(PDF)をダウンロードいただけます。このリーフレットには、大腸がんの基本的な情報のほか、主治医に確認すべき内容や、治療や KRAS遺伝子検査 についての解説が記載されています。

以下のリンク先ページからダウンロードいただけます。
(監修:国立がん研究センター東病院 消化管腫瘍科消化管科内科 医長 吉野孝之先生、製作:NPO法人キャンサーネットジャパン)
このほか、一般・患者さん向け情報として、以下を同ページに掲載しています。
  ・ASCO大腸がん患者さん向け情報:「医師への質問」と「関連用語」 (PDF)
  ・関連リンク(大腸がんを生きるガイド)

❒ メルクセローノ株式会社
❒ NPO法人キャンサーネットジャパン

もっと知ってほしい【大腸がん】のこと 2011 in 東京

※この度の、東北地方太平洋沖地震の影響で26日、東京(秋葉原)で予定されていましたが、延期となりました。
(2011.3.22-18:30)

キャンサーネットジャパン広報担当理事の川上さんから、お知らせが届きました。
「ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと 2011 in 東京」が 3月26日 秋葉原UDXにて開催されます。参加費は無料。

【がんの予防】を標榜しているサイトであるヒルルは、今後【大腸がん】の取材をします。なぜなら【大腸がん(= 結腸がん + 直腸がん)】は、女性の 部位別がん死亡率の1位 という、女性にとっては悪い統計結果が近年出てしまいましたから。ちなみに、男性は肺がん、胃がんに次いで【大腸がん】は3位(国立がんセンターがん対策情報センター) さらに、食を含めたライフスタイルの変化もあって1970年と2007年では【大腸がん】による死亡者数は4倍以上にもなって、今後も強い増加傾向に。

逆に、この10年でもっとも治療成績の進歩が著しいのも、この【大腸がん】です。今回のブルーリボンキャラバン(大腸がんのカラーはブルーです)は、「大腸がんとは?予防・検診の実際」最新の治療などを専門医の先生を招いて、わかりやすく学ぶ場にしてくれるとのことです。気軽に得た情報が、結果的に重い事態を招かないで良くなればと思います。

colon_cancer.jpg
Keynoteプレゼンター 専門医の方々;

 東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学 教授
 大腸癌研究会 会長 杉原 健一先生

 東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学 石黒 めぐみ先生

 北里大学医学部外科学 佐藤 武郎先生

 埼玉県立がんセンター消化器内科 山口 研成先生

司会は、中井 美穂さん

「大腸がんとは?予防・検診の実際」は、石黒 めぐみ先生がお話ししてくれます。

詳しくは、

退職を勧められた。辞めなければならないの?


『がんと一緒に働こう!--必携CSRハンドブック
How to Balance Your Work with Your Cancer Life』
CSR Project 編
から、第7章「退職を勧められた。辞めなければならないの?」をご紹介します。

「退職を勧められた。辞めなければならないの?」
「退職を勧められた。辞めなければならないの?」辞めなければならないの? A:辞める必要はないです。退職する意志がない場合には、会社に対して「私は退職しません」とはっきり言うことが大切です。会社が従業員に対して、退職の働きかけを行うことを退職勧奨と言います。退職勧奨は、合意解約の申し込みあるいは誘引にすぎないので、従業員はそれに応じる義務はありません。退職勧奨は、その従業員が自分の自由な意志で退職するかしないかを決める...
その他、
 Q: すぐに返事をするようにいわれたんだけど・・・・・・。
 Q: 断ったのに退職勧奨が続いているんだけど、どうしたらいい?
 Q: 「退職しません」と言ったら、異動させられてしまった。
 

会社側の都合で「解雇」のはずが「依願退職」の形にさせられたり、一所懸命に働いていても突然巻き込まれる出来事が人生にはあります。かたや企業にしても、給料を払えない経営状況に追い込まれているのだと思います。
この本は、法的な対処の情報も充実していますが、困難を乗り越えていく「勇気」のわいてくるスピリッツのある本です。それゆえ、がんのサバイバーだけでなく、この世に生きるすべての人々(サバイバー)にオススメしたい一冊です(ヒルル編集長)


100531_01jpg.jpg『がんと一緒に働こう!--必携CSRハンドブック
How to Balance Your Work with Your Cancer Life』
CSR Project 編(合同出版)


「人はなぜ働くのか?」

 いのちの限りを知ると、この言葉はまた違ったものになってくる.......
 .......そして、何故、最期まで働こうとするのか?

 私たちは今、生きることに飢えている。

 CSR プロジェクト代表 桜井なおみ 
also  
NPO法人HOPEプロジェクト理事長 




"がん専門医に訊く" もっと 知ってほしい「子宮頸がん」のこと2011

最近「子宮頸がん」のこと もっと知りたい方 がサイトに来てくれています。

そこで!お知らせです。
NPO法人キャンサーネットジャパン有志の方々(ヒルルが0歳児の頃からお世話になってます)が、みなさんのために「参加費無料」の『"がん専門医に訊く" もっと 知ってほしい「子宮頸がん」のこと2011 』のセミナーを開いてくださいます。開催日時は 2月19日15:00〜18:00、場所は 秋葉原DUX 4F。

詳しくは、

【問い合わせ先:NPO 法人キャンサーネットジャパン事務局】

 〒113-0034 東京都文京区湯島 1-6-8 中央自動車ビル 7 階 

電話:03-5840-6072 (土日祝日以外の月~金 am10:00 ~ pm5:00 まで) 

ファックス:03-5840-6073 

メール:info@cancernet.jp


http://www.cancernet.jp/eve110219.html




ヒルルも目立たないところにいるでしょう(ヒルル編集長)

沈まない夕陽 ~もしも大切な人が「がん」と診断されたら...あなたは何ができますか?

NPO法人キャンサーネットジャパン 広報担当理事の Ms.川上 から、ヒルルにお知らせが届きましたよ  >>>

20101128butai.jpg

 ~もし、大切な人が「がん」と診断されたら...あなたは何ができますか? 

追加公演決定!

劇団漂流船 沈まない夕陽

STORY

大きな試合を控えたボクサー道夫の妻、陽子が癌に侵された。

治療には高額な医療費が掛かる。 道夫は悩んだが、愛する陽子の声明を救うために、ボクシングを辞め安定した仕事に就く決心をした。

ところが陽子は、口を聞くことが出来なくなった娘の幸子が、道夫のチャンピオン姿を見ればきっと言葉を 取り戻すと確信し、自分の命と引き換えにしても、道夫にボクシングを続けてほしいと懇願する。

そんなとき、癌で苦しんでいる人々をサポートする団体のリーダー竹川が陽子の前に現れた。

世間の注目のなか、家族や町の人々の想いを全て背負い、道夫はリングへと向かう...

日時: 20101128()  17:00(開場16:30)-19:30

場所: ラフォーレミュージアム原宿

 

詳細は、NPO法人キャンサーネットジャパンへ >>>

mailinfo@cancernet.jp

tel03-5840-6072

【URL

http://www.cancernet.jp/eve101128butai.html

 

From; ヒルル編集長

涙腺弱い人は、ご注意を! とのことです。(私のことか...)

役者たちの演技と観客席からの反応(笑い声、泣き声、鼻をかむ音etc.)すべてがリアルで、我々が今この瞬間生きていることを、いとおしく思うとのことです。



GooDきた本を紹介します 痛勤対策他情報満載

本を一冊紹介させてください。

『がんと一緒に働こう!--必携CSRハンドブック
How to Balance Your Work with Your Cancer Life』
CSR Project 編(合同出版)


100531_01jpg.jpg
読んでよかったヨ。>すべての人々へ 必携の書ということもあって、実際問題的で、生(なま)で、厳しい、ツラい、悲しい現実も書いてくれてるけど、なんだか目の前のことを乗り越える勇気がわいてきた。(ヒルル編集長)
第六章から1ページ紹介します。
「復職していちばん怖かったのは通勤!」以下は、痛勤回避の3原則。

 その1 なるべく奥へ入る
 その2 6ドア車には乗らない
 その3 電車の揺れに逆らわない。
100531_01b.jpg
「人はなぜ働くのか?」
 いのちの限りを知ると、この言葉はまた違ったものになってくる.......
 .......そして、何故、最期まで働こうとするのか?

 私たちは今、生きることに飢えている。

  CSR プロジェクト代表 桜井なおみ
 also(NPO法人HOPEプロジェクト理事長)

...、この桜井なおみさんには、目が離せない!(ヒルル編集長)
執筆者の32人のサバイバーの方々
100531_02b.jpg