【緊急告知】2014.1.25 第4回BCネットワーク乳がん経験者交流会@丸の内

皆様へ; 緊急告知です。 

2013年1月25日(土)1:30pmー、東京 丸の内にて、第4回BCネットワーク乳がん経験者交流会@丸の内が開催されます。 

司会ナビゲーターに、土井卓子先生(湘南記念病院かまくら乳がんセンター長)。 講演講師に、津川浩一郎先生(聖マリアンナ医科大学 外科学・乳腺・内分泌外科教授)、田村智英子氏(認定遺伝カウンセラー米国及び日本、家族性腫瘍カウンセラー、胎児クリニック東京、順天堂大学医学部附属順天堂医院遺伝相談外来) 

超豪華メンバーにもかかわらず、
参加した人みんなが 
ご自分のペースで交流できる「大きさ」ということで、 


 席数が 80 !! 


前回より増えてはいますが、、、 
まだ少し席があるということで、 お早めに。 

BCネットワークHPから申し込めます。  
(詳細はこちら)  
(参加申込みフォームはこちら
この会合及びBCネットワークへの質問は、post@bcnetwork.org まで

 対象は,乳がん・卵巣がん患者、経験者(ご家族に乳がん経験者保有者の方)となってます。 
2014_!chirashi.jpg
<開催概要>
 会合名:第4回乳がん経験者交流会@丸の内
 テーマ:正しい知識を伝えたい:遺伝性乳がん・卵巣がん
      ~皆で学び合い、語り合いませんか~

 日 時:2014年1月25日(土)13:30-16:00

 場 所:コニカミノルタ会議室 JPタワー内(JR東京駅徒歩1分)

 対象者:乳がん・卵巣がんの経験者、患者さん

 定 員:80名(申し込み順)

 参加費:1,500円

 内 容:    ナビゲーター 土井卓子先生(かまくら乳がんセンター長) 

【第一部】講義 「遺伝子検査と予防的治療について」  津川浩一郎先生(聖マリアンナ医科大学病院 乳腺・内分泌外科部長) 「遺伝カウンセリングについて」  田村智英子先生(日米認定遺伝カウンセラー、胎児クリニック東京) 

【第二部】交流会  お茶とお菓子をいただきながら講師の先生を交えて楽しく意見交換

土井卓子先生のナビゲーション楽しみです。席数少ないのでヒルルユーザーの方は、ご無理をなさらず、急いで、シッカリと 参加申し込みフォームへ(ヒルル編集長)


【緊急告知】土井卓子先生総合司会「怖がらないで!!乳がん 不安と上手につきあう」いきいき市民健康講座

11月17日(日)横浜の県民共済みらいホールで、湘南記念病院 かまくら乳がんセンター 土井卓子先生の総合司会でオープンレクチャー、いきいき市民健康講座「怖がらないで!!乳がん 不安と上手につきあう」が開催されます。 
open_lecture_breast_cancer.jpg
 
聖路加国際病院ブレストセンターの山内英子先生による講演「乳がんって遺伝するの?」、横浜南共済病院 乳腺外科 加藤直人先生による講演「乳がんリスクを減らすためにできること」

最前線の医師による情報をわかりやすく受け取ったあと、

 臨床心理学博士 中本テリーさんによる講演「乳がんと不安~心のサポート~」、舞踏家黒住知央さんダンス、こころとからだ、で怖れと不安をコントロールする術を学べます。 

土井先生のナビゲーションスキルは、いつもながら敬服です。
楽しみな講座になることでしょう(ヒルル編集長) 

 開催日時:  2013年11月17日(日) 13:00 ~ 15:50
 場所:  県民共済プラザビル1階 県民共済みらいホール
 参加費:  無料
 定員:  280 名
 申込期間:  9月30日(月) ~ 11月15日(金)

 >ネットでの申し込みはコチラから、    https://www2.astrazeneca.co.jp/CSM/app/pc/seminar/detail/13

 >詳細PDFはコチラ、


みなさんから土井先生へお伝えしたいことがあれば、ヒルルにツイートしてください。声を届けます

☆ 山内英子先生の最新刊 ☆


土井卓子先生から お知らせ『乳がん〜術後も楽しく美しく』いきいき市民健康講座 11月24日

乳腺専門医 土井卓子先生かまくら乳がんセンター長)から皆様に、お知らせが届きました♪♪   11月24日(土)13:00 より、『乳がん〜術後も楽しく美しく』をテーマに 参加費無料 の健康講座が開催されます。場所は、県民共済みらいホール(横浜市桜木町1-1-8-2)
土井先生の総合司会で、加藤直人先生(横浜南共済病院 乳腺外科)の講演「乳がん診療の道標」、山崎多賀子さん(美容ジャーナリスト)のメイクセミナー「〜生きる力が湧くキレイ塾〜」、体操「関節痛改善のために」他、みんなと意見交換の時間と盛りだくさん!

お申し込みは→ いきいき市民健康講座事務局 TEL: 0120-633-707 FAX: 045-225-6162 (※申込期間 9月24日から11月22日、TELは 9:00 〜 16:00 の受付)

毎度ながら土井先生の司会ディレクションは「神」です、その場にいる全ての人がイキイキしてきます。みんな、24日のことを多くの人に教えて拡散してくださ〜い(ヒルル編集長)

いきいき市民健康講座カラー[1].jpg
いきいき市民健康講座カラー[6].jpg

【おっぱい外来】開設のお知らせ 〜かまくら乳がんセンター長 土井卓子先生

かまくら乳がんセンター長の土井卓子先生から、ヒルルユーザーにお知らせが届きました。授乳がうまくいかない 搾乳 断乳できないと困ってる新米ママのための【おっぱい外来】が開設されました。

授乳の方法、搾乳のコツだけでなく、妊娠中からの おっぱいマッサージ 〜卒乳指導、完全母乳 のための食事生活、赤ちゃんどぉーして欲しいの?ベビーサイン、哺乳瓶、搾乳機、赤ちゃんの病気のことも。その他 乳腺炎の対応 までしっかりと教えてくれます。
昔は、お母さんや姑さんがあれこれ若い母親に教えたものですが最近はそういうこともなく、助産師さんも忙しくそういう場がないため授乳が下手で 乳腺炎 を起こしてしまう方が増えてきているそうです 。もっとかわいそうなのは、外科を受診しても、医師も経験が少ないため対応方法が分からず、搾乳もせずに切開して、排膿もできずどうにもならない症例も他院において実際あり、かまくら乳がんセンター内で[おっぱい外来]の開設に至ったそうです。

[おっぱい]のことで困ったことがあれば、土井先生のところへ相談してください。
〒248-0027 神奈川県鎌倉市笛田2-2-60 
フリーダイヤル 0120-707-217 
受付時間 10:00~17:00 

ベビママにとって最強【おっぱい外来】誕生ですね♪  遠方にお住まいの方は、ヒルル「みんなの広場」に投稿してもらえれば、みんなの声を土井先生の所に届けますので、(ヒルル編集長)

第1回横浜タウンホールミーティング 動画レポート | 土井卓子先生(湘南記念病院)

第1回横浜タウンホールミーティング(主催 BCネットワーク、湘南記念病院)の模様が動画レポートとして、BCネットワークのHPで見ることが出来ます。今回のテーマは、医師と患者の対話(患者力の向上)『主治医から手術、薬まで、乳がん治療の選択:対話で考える最良の医療』 会場の着座位置も円形にし、みんなと等しい距離で一体となった、とても良い雰囲気のミーティングでした。ケーススタディ(症例)を具体的にいくつか取りあげている場面は必見。みなさん、背もたれから背中が離れてます。

[ケーススタディ]
閉経後の女性(58歳) 子どもは独立、夫と二人暮らし 
右乳房内側に直径2センチの腫瘍、リンパ節の腫れはわからない。
乳癌であると検査結果の説明が主治医の先生からありました。

 あなたは情報不足で心配な気持ちがあります。 
 そんなとき、みなさん、どうしますか? 

  1.質問してもわからないので我慢する 
  2.納得するまでとにかく質問する 
  3.主治医を変えてもらうようお願いする 
  4.セカンドオピニオンをお願いする 
  5.別の病院にこっそり行く 

このケーススタディでは、会場にいるみなさんが1から5まで挙手して会場の反応を見ながら「みんなで考える」ようにしていました。臆することなく「別の病院にこっそり行く」の5に挙手する方が多くいました。ホンネを取り込みながらの素晴らしい構成です。 土井先生の巧みな進行と、BCネットワークのインタラクティブな構成は、いつもながら素晴らしい!

この動画でみなさんも会場の雰囲気も感じ取ってください。(ヒルル編集長)
BCNetwork_report01.jpg

『主治医から手術,薬まで 乳がん治療の選択:対話で考える最良の治療』夏の乳がん患者イベント

お知らせです!】7月30日(土)、BCネットワーク(代表 山本眞基子さん)による「第一回乳がんタウンホールミーティング」が開催されます。

  テーマ:
 『主治医から手術、薬まで、乳がん治療の選択:対話で考える最良の治療』

  日時:7月30日(土)13時~16時半
  場所:横浜 桜木町 日石横浜ホール 
  詳細はこちら 

ナビゲーターは、土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長)! じつは、土井先生の司会進行は、本業か、と思うくらい秀逸なのです。各パネリストの個性を引き出し、喋りやすいように「場」を整え、前に進めて行く、本当に敬服です。このことを土井先生の患者さんに話をしたら「治療」も同じ、とのことでした。いつの間にか密度濃く本音を喋らされていて、自分のゴールが設定され、それにそって確実に治療が進んでいた、とのことです。
Takako_DOI_MD2.jpg写真は昨年2010年7月「第2回 乳がんシンポジウム@横浜」から

 ヒルルで取材に応じて頂いた、大西秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科)の講演『乳がんと心のケア』もあります。ヒルルの取材読んだ方は、サイコオンコロジストである実際の先生の声を、この機会に生で体験してください。

また、BCネットワーク代表の山本眞基子さん(NY在住証券会社勤務)のオーガナイズするイベントは、とても楽しく過ごせるように配慮されてます。がん患者さんのみならず、同伴者の方も他のイベント以上に、充実した時間を過ごせますので、これからもBCネットワークは要チェックです。(ヒルル編集長)

土井卓子先生「乳がんの原因と予防・検診・診断について」視聴できます

TakakoDOI_MD.jpg
5月18日にライブ配信された『アピタル乳がん夜間学校』第2回目「乳がんの原因と予防・検診・診断について」土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がんセンター)の講義・Q&A他の模様がアーカイブ化されています。以下リンクからご覧になれますので、お時間のある方はどうぞ。

【asahi.com (朝日新聞社) アピタル乳がん夜間学校】

また、第1回目の山内英子先生(聖路加国際病院・乳腺外科) の講義もご覧になれます。
(山内先生、いつか取材にご協力お願いします。みんなの声があれば可能化かも... 投稿をお待ちしてます。ヒルル編集長)

土井卓子先生「乳がんの原因と予防・検診・診断について」USTREAMライブ出演

湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長の 土井卓子先生が、『アピタル乳がん夜間学校 第2回 「乳がんの原因と予防・検診・診断について」USTREAMライブ』にご出演されます。

 日時: 5月18日(水)21:00〜22:30
 視聴方法: インターネット放送 以下のURLにて、
 ※時間になると上記ページが自動的に動画画面に切り替わります

放送内容等の詳細については、

実に多くの乳がん患者さんから信頼を寄せられている土井卓子先生です。是非、ライブ配信でご覧ください。(ヒルル編集長)
Takako.DOI.MD.jpg
土井卓子(どい たかこ)先生
乳腺専門医
湘南記念病院 かまくら乳がんセンター
詳しくは、先生紹介

❒土井卓子先生記事:

かまくら乳がんセンター(センター長 土井卓子先生)は「乳がんカウンセリング」と「マッサージ」を開始しました April 21, 2011


Takako_DOI_MD.jpg
──土井卓子先生にお話をうかがってみました。
「乳がんのカウンセリングは、病状への不安、手術への不安、再発の不安など、乳がんに関する様々な不安に対して専門の臨床心理学博士がカウンセリングを行ないます。
 マッサージは、癌手術後あるいは再発治療中というと一般の指圧院などでは施術を断られることが多く、つらい思いをされている方が多いので、そういう方に少しでも楽になれるようにと、院内でマッサージをできるようにしました。しかしマッサージは医療行為ではないので、病院で場所は提供しますが金銭のやりとりは関与しません。リンパ浮腫の専門家ではないので一般のマッサージです。
 少しでも受診者が快適に、がん患者さんがよりよくすごして頂きたいと思っております」

──乳がんカウンセリングを担当される臨床心理学博士 中本テリー先生 からは、
「乳がんカウンセリングは、乳がんと告知されて様々なことを思い悩む患者さんや、苦しんでいる最愛の人にどうやって声を掛けたらいいのかがわからないと戸惑ったり悲しんだりする家族のための心理相談です。患者さんだけでも、家族の方だけでも、またご一緒でもかまいません。みなさんの心に寄り添いたいと願うカウンセラーが、ゆっくりお話しをうかがいます。通常1セッション、50分ですが、体調などのご事情により、半セッションも行います。
 湘南記念病院では、乳がんの患者さんとその家族以外の方もカウンセリングを受け付けています。東日本大震災の影響を受けられた方、また他の心の悩みを持たれる方、どなたでもご利用いただけます。悩み続けることにより、うつ病や神経症を発症したり、そのほかの精神的な負担が増大したりします。そうなる前にカウンセラーと話してみませんか」

 乳がんカウンセリングご希望の方は、
  乳がんセンター(0120-707-217)で予約を受け付けています。
  料金、時間などについては、乳がんセンターWebをご覧ください。

第2回 乳がんシンポジウム@横浜

  第2回乳がんシンポジウム横浜.jpg
2010年 7月10日(土)、『第2回 乳がんシンポジウム@横浜』主催:BCネットワークJapan が開催されました。今回のシンポジウムにメインテーマは『乳がんを通して、患者力を高めよう ~ NYから講師を迎えて ~』

土井卓子先生.jpg
総合司会を努めて頂いたのは、土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がん甲状腺センター長)。和服姿は、今回の基調講演のためにわざわざNYから来て頂いたDr. Freya Schnabel (ニューヨーク大学外科教授&乳腺外科部長)への日本からの敬意を表しています。

Freya Schnabel MD Key note speech.jpg

シュナベル先生は、『アメリカの医師と患者の関係』というテーマで基調講演をして頂きました。



パネルディスカッション.jpg
 
パネルディスカッションの部、
「患者力向上のための提言」!!

パネリストの方々、土井先生のナビゲート、大変素晴らしかったです。そして、開場の雰囲気も! 来年もBCネットワークJapanによって、開催されることを切に望みます

 

パネリスト.jpg
 
 パネリスト:右から、

◎福田 護先生(聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージングセンター院長、聖マリアンナ医科大学外科学特任教授 乳腺・内分泌外科)
◎Dr. Freya Schnabel(NYU Cancer Institute - NYU Clinical Cancer Center)
◎山本眞基子代表(患者団体代表 BCネットワーク)
一番左は、ナビゲーター:土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がん甲状腺センター長)


 
パネリスト02.jpg
 今度は、左から、
◎仲本光一先生(外務省医務官、ジャムズネット東京代表)
◎石山 暁先生(横浜市立病院 がん検診センター診断担当部長 乳腺外科長)
◎石川 孝先生(横浜市立大学付属市民総合医療センター乳腺甲状腺外科部長)
◎関根友実さん(元朝日放送所属アナウンサー & 医療を支える関西オカンの会代表)


横浜会場風景.jpg
第2部、選択制のワークショップでは、
山内 英子先生(聖路加国際病院ブレストセンター 乳腺外科部長)による『テイラーメイドの乳がん治療』、白田 正樹氏(株)サン•メディカ創立者/代表による『代替/統合医療からの乳がん患者さんへの側面治療』、山崎 多賀子氏(乳がんサバイバー、 美容ジャーナリスト)による『乳がん治療時の化粧法』、そして、大木 麻梨子氏(乳がんサバイバー、リンパ浮腫対策委員会代表)による『がん術後のリハビリエクササイズ』~Let's doリハビリエクササイズ~でした。どれを選択するか、悩ましいですね。

nyuubousaikenntyuu.jpg
イラストレーター川野すみれ氏の『ただいま 乳房再建中!』(学研メディカル)、土井先生が解説をされています。この本は、土井先生と患者さんだった川野氏の、二人の出会いがなければ、この世に出なかったかもしれません。







BC Network Japan.jpg
取材に協力して頂いた、山本眞基子氏(BCネットワークJapan代表)に感謝申し上げます。



JAMSNET.jpg
取材に協力して頂いた、仲本光一(外務省医務官、ジャムズネット東京代表)に感謝申し上げます。