『乳がんと心のケア』大西秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター)

7月30日、第1回横浜タウンホールミーティング(主催 BCネットワーク、湘南記念病院)が開催されました。

そこでの大西秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター)の講演『乳がんと心のケア』がジャムズネット東京により動画編集されています。素晴らしい講演です! 是非ご覧ください。 

講演内容は、

がん医療における「うつ病」の見落とし 

 [うつ病 症状のまとめ] 
#身体症状
    身体がだるい
    眠れない
    食欲がない
 #精神症状
    気分が落ち込む
    意欲が出ない
    何をして良いかわからない

 [うつ病の診断基準]
1or2のどちらかは必須、9項目中5項目以上が2週間認められる
 1.抑うつ気分*
 2.興味・喜びの低下*
 3.睡眠障害
 4.食欲低下
 5.焦燥感・制止
 6.倦怠感
 7.自責感
 8.思考・集中力の低下
 9.希死念慮

 [ある乳がん患者さんのケース]
 乳がん手術、放射線治療、化学療法後、 体調不良を主訴に来院。
 うつ病の診断。
 (患者さんへの説明)
 1.うつ病であること。
 2.服薬の必要性。
 3.休養の必要性。
 (処方) ミアセリン (10)1T 1x寝る前
 (まとめ) 治療により、身体症状が消失。 体調不良は、うつ病(心の病)の身体症状だった。

[練習問題]
 最近、身体が***である。 検査では問題がない。
 心の問題の可能性がある→○ 

 私は眠れるからうつ病ではない→×

 まめいがひどい。 耳鼻科では問題がない。
 心の問題の可能性がある→○


動画編集は ジャムズネット東京事務局 池田みどりさん。< Thanx!  ピアニストである彼女のHPは コチラ>>
ジャムズネット東京+BCネットワーク、そして湘南記念病院 土井卓子先生のイベントは、とても会場の雰囲気がいい。来年も、開催されることを切望します(ヒルル編集長)

ジャムズネット東京 http://jamsnettokyo.web.fc2.com/

アエラ8月22日号に大西秀樹先生 埼玉医科大学国際医療センターの「遺族外来」が紹介されています


AERA.jpg
でしこJAPANの主将、澤穂希さんが表紙の アエラ8月22日号(8月15日発売)に、大西秀樹教授、埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科チームの「遺族外来」が記事が掲載されています。(記事は53ページ、『医師がカフェに出る「がん哲学外来」』) 

 「死別反応」と「うつ病」の違い、そして同研究室の臨床心理士、石田真弓先生のもと集団精神療法も行われているなど、精神医学と心理学両方からの治療と、紹介されています。

 ご興味がある方は、是非ご覧になってください(ヒルル編集長)


大西秀樹先生


写真は、2011年7月30日の開催された「第一回乳がんタウンホールミーティング@横浜」閉会後のショット。むかって右側がBCネットワーク代表 山本眞基子さん、左が大木麻梨子さん。

『乳がんとこころのケアー』と題する素晴らしい講演でした。質疑応答で時間の関係で質問できなかった多くの方々が、本当に残念そうだった。


大西秀樹(おおにし ひでき)先生
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科教授
ご専門は、精神腫瘍学(サイコオンコロジー)、緩和医療学、死生学。
詳しくは、

大西秀樹先生の日常生活 応援(=愛)レシピ 3

日々の生活をとっても大事にされている 大西秀樹 先生から、ヒルルのみなさんにレシピが届きました。 第3回は「味噌」です。 お味噌は古くから愛され完成された発酵食品ですね(ヒルル編集長)

大西秀樹,埼玉医科大学国際医療センター,精神腫瘍科教授,味噌
誰でもできる味噌作り

用意するもの
 1. みそ作りセット(大阪屋麹店、123セット、塩1㎏、大豆2㎏、麹3㎏) 

註)ヒルル編集部より   大西先生は、どうやら 京都の老舗(文化元年 1804年〜)大阪屋麹店のサイト「生こうじの大阪屋」の「手作り味噌仕込みセット」シリーズ「手作り123セット」 8kg(1~2人用)5850円(税込み)を通販で購入してのようです。。

 2. 平瓶(プラスチックでもよいが、陶器の方がいいみたいです)
 3. なべ(全部で水10リットル入るもの)分けても良い。
 4. ミネラルウォーター10リットル
 5. しゃもじ(大豆を煮る際に混ぜるため。柄は長いほうが良い)
 6. ビニール袋(45リットル、味噌を混ぜるのに使う)
 7. ビニール手袋(味噌を混ぜるのに使う)
 8. ミンチの機械(手動)(すり鉢、すりこぎでも代用できる)
 9. お皿(ミンチした大豆を受け取るため)
10. 焼酎(瓶の消毒に使う)
11. サランラップ(味噌の上を覆うために使う)


作り方
 1. (荷物が着いたら)麹の中に塩を入れて混ぜておく(こうすると腐らない)
 2. (前日に)大豆を洗い(泡が立ちます)、水につけておく。このとき、水を多めに使わないと、大豆が水を吸ったときに足らなくなります。
 3.(当日)大豆をゆでる。泡が立つのでそれを掬い、水が足りなくなれば補給。
 4. 食べられるようになったら火を止める(1時間半ぐらい)
 5. 大豆が冷めるまでの間に麹をもみほぐしておく。
 6. 大豆がお風呂のお湯ぐらいの温度になったら(これ以上高温だと麹を混ぜたときに麹が死んでしまう)、ミンチの機械にかけて大豆を砕く。(すり鉢でつぶしてもよい)
 7. ミンチが終わったら、ミンチした大豆と揉み解した麹をよく混ぜる。
 8. 混ぜ終わったら、おはぎくらいの大きさにして瓶の底に投げる(空気が入らないようにするため)
 9. 投げた味噌はよく押し付けておく。最後はサランラップで上を覆う。
10. 夏にふたを開けてカビをとる。
11. トータル一年待つ。
12. 味見する。

 美 味 し い!


大西秀樹(おおにし ひでき)先生
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科教授
ご専門は、精神腫瘍学(サイコオンコロジー)、緩和医療学、死生学。
詳しくは、

大西秀樹先生の日常生活 応援(=愛)レシピ 2

日々の生活をとっても大事にされている 大西秀樹 先生から、ヒルルのみなさんにレシピが届きました。第2回は「甘酒」です、節分の時期ですね(ヒルル編集長)

大西秀樹,埼玉医科大学国際医療センター,精神腫瘍科教授,甘酒
甘酒の作り方
<用意するもの>
1. もち米 一合
2. 麹 (スーパーで売っている「みやこ麹」で十分)
3. 温度計

<作り方>
1. もち米をお粥にする。
2. どろどろになったら、火を止めてそのまま置いておき、55度以下にする。
3. 麹を入れるタイミングは、お粥が55度以下になったときです。(そうでないと、麹菌が死んでしまいます)
4. タッパに移し、足温器の上に載せる。(こぼれないように注意)
5. 10時間保温すれば出来上がり。途中で1回混ぜると発酵が進み、どろどろのお粥がさらさらになります。
(50度以上の保温が良いのですが、足温器ではできません。でも美味しく出来上がりますが、私は
保温のために発泡スチロールの箱をかぶせています。コタツの中もいいみたいですよ
 
<飲み方>
冷やして飲みます。 美味しい♪


大西秀樹(おおにし ひでき)先生
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科教授
ご専門は、精神腫瘍学(サイコオンコロジー)、緩和医療学、死生学。
詳しくは、


大西秀樹先生の日常生活 応援(=愛)レシピ 1

日々の生活をとっても大事にされている 大西秀樹 先生から、ヒルルのみなさんにレシピが届きました。初回は「梅シロップ」です。

大西秀樹,先生,埼玉医科大学国際医療センター,精神腫瘍科教授,梅シロップ
梅シロップの作り方
<用意するもの>
1. 梅 1キロ (青い梅だと澄んだシロップになり、少し熟した梅だと梅酒に近い色になります)
2. 氷砂糖 1キロ(梅の重さと同じ)
3. お酢 100cc(呼び水に使います。あと腐敗防止のため。値段がちょっと高めの酢を使うとすっぱくない)
4. 瓶(蓋つき)(梅酒のもので大丈夫です)

<作り方>
1. 梅をよく洗って、ペーパータオルで拭き、ざるの上に載せて乾かす(天日ならさらによい、それと梅のへそは爪楊枝で取ったほうがよい)
2. よく洗って乾かした瓶に氷砂糖と梅を交互に入れる。
3. 全て入れ終わったら上から酢をかける。
4. 翌日から水が上がってきます。
5. 翌日になると、砂糖が溶けて隙間が空くので、入れられなかった砂糖は後日追加すれば大丈夫。
6. 1ヵ月後からは飲めます。(私の家には3年前のがありますが、まだ大丈夫です)

<飲み方>
コップ一杯の水に、大さじ1杯程度のシロップを入れる。
炭酸水(ぺリエも)で割るのも美味しいです。

ume04.jpg
大西秀樹(おおにし ひでき)先生
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科教授
ご専門は、精神腫瘍学(サイコオンコロジー)、緩和医療学、死生学。
詳しくは、