瀧澤憲先生の『「子宮がん」と言われたら...』まえがき

瀧澤憲先生の新刊本が発売されました。脱稿した後、瀧澤先生は「まえがき」「あとがき」にそれぞれに12時間費やして延べ24時間かけて作成したとのことです。 原文そのまま掲載します(抜粋なんかしたら不敬ですよね (^_^; ヒルル編集長)

『「子宮がん」と言われたら...』 あとがき  は、>>>こちら

瀧澤憲先生(がん研有明病院)

『「子宮がん」と言われたら...』という本を書くことに決め、いざ書くぞと考えたとき、どういう視点で書くかということが問題だと思いました。難しく書くことは、むしろやさしいけれど、患者さんの視点で書くとなると、どんなことが知りたいか、どんな治療を選びたいかに思いをはせることにしました。 

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんの二種類がありますが、両方ともにからだのどのがんより確定診断しやすい病気であり、したがって早期にみつかりやすい、すなわち「生き死に」という観点から見ると治りやすいがんと思われます。

しかし、女性にとって重要な生殖(子孫を残す、遺伝子を残す)機能を失う可能性がある病気であり、若い女性にとって「生殖機能を失うこと」は、自分自身の Identity(自我、自尊心、生きる価値など)を揺るがす大問題です。 

子宮頸がんも子宮体がんも、手術、放射線治療、化学療法を駆使すれば、ほかのどのがんより治りやすく、病状(進行状態)に応じた個別化治療もどのがんより進んでいます。患者さんが、最善、最適な個別化治療を希望し、担当医と相談するためには、正確な病状認識が不可欠です。そのための検査、診断、治療方法などについての知識と理解がある程度は求められることになります。

すなわち、適切な個別化治療を選ぶために、病状に見合う最善の局所治療(子宮頸部または子宮体部病巣の治療)と、病気の広がり方を予想した再発予防のための主治療後の補助療法(手術や放射線治療後の化学療法など)についてもある程度の知識理解が求められます。 

どの患者さんにとっても、子宮がんが治らなければ膀胱や直腸などの骨盤内臓器が壊れてしまいます。たとえ洋服で病気を隠すことができても、著しく不都合な症状(尿や便が漏れるなど)に直面すると、QOL(生活の質)が悪くなります。ヒトとしての尊厳を保ち、再発なく有意義な人生を送るために、今や、患者さんやご家族にとって、必死で情報を集め、勉強しないと最善な個別化治療を選べない時代になってきたのです。 

私たち婦人科腫瘍医にとって、婦人科がん治療をする上での大切な心構えと課題は、「生き死に」を議論する前に、「生殖機能を失うかもしれない若い女性の Identity をどのように保つか、あるいは立て直すか」ということと、「骨盤内局所病巣を制御してQOLを良好に保つことを最優先する」ことの二つと考えています。 

本書では、私が、外来や病棟で、患者さんと診断・治療について話し合っている内容について、できるだけわかりやすい文章にしたつもりです。これでも難しいという批判があることは承知していますが、是非ご一読いただければ幸いです。 

2013年  1月 
瀧澤 憲
  瀧澤憲先生(がん研有明病院婦人科顧問)
瀧澤  憲 (たきざわ  けん)先生
婦人科腫瘍専門医
公益財団法人がん研究会 がん研有明病院 婦人科顧問
詳しくは、>先生紹介