上坊敏子先生の『卵巣の病気』チョコレート嚢胞 連動コンテンツ 2本 アップしました



上坊敏子先生

「チョコレート嚢胞で経過観察中」 投稿回答 >

「チョコレート嚢胞 診断」 >

ヒルルでは、上坊敏子先生にお願いして女性の体のこと、病気のことを正しく知ってもらうため、上坊先生の著書『卵巣の病気』連動コンテンツとして、2本アップしました。

テーマは「チョコレート嚢胞」

よくある病気です。
経過観察中の方も多いと思います。
生理痛がヒドイ、茶色いおりもの、不妊の原因など

ここで婦人科腫瘍専門医が認めている事実があります
「卵巣がんの診断は難しい」のです・・・

?・・・???

病院でキチンと経過観察を受けている○マル
超音波検査で特に問題ないと判定されていた (^-^)Vヨカッタ
5cmのチョコレート嚢胞○マル
突然「じつは卵巣がんになっていました」
なんて宣告されるなんてことは?

上坊敏子先生: 「 困ったことに、あります」


上坊先生がハードワークの末に書き上げた著書『卵巣の病気』では、第3章で チョコレート嚢胞  について詳しく解説されていますので、 該当ページを参照しながらすすめます。

これを機会に、女性にとってなくてはならない「卵巣」って、どんな臓器なのかを『卵巣の病気』を実際に手に取ってお読みください。正しい情報を、どうか、ご自分の知識として獲得してください。

お忙しい中、協力して頂いた上坊敏子先生、講談社の嘉山恭子さんに深く感謝します(ヒルル編集長)