「サンディ」とBCネットワークの山本眞基子さん

米東部を襲った大型ハリケーン「Sandy」が、素晴らしい啓発活動を行っているBCネットワーク代表の山本眞基子さんが住んでいるニューヨークにも甚大な被害を与えました。大停電の中、連絡取れないかなとTwitterで呼びかけたところ、お返事してくれました。 MsYAMAMOTO.jpg ご無事で、なによりです。と同時に今回の大災害で亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

 山本さんのところはガスが通っていて良かったですね。もし東京で大停電になれば、戸別の安全装置が電気を必要とするので使えなくなるでしょう。また、ニューヨーカーの足である地下鉄が水没,,,これには復旧に時間がかかりそうですね。東京も人ごとではありません。いったん水が侵入してしまったら、水が引いた後も改札機他電気システムが全てダメ。こうなったら数ヶ月、膨大な復旧費用を要します。日本でも地下構造物に対しての水害の想定と対策のレベルを、引き上げることを望みます。

 BCネットワークに関しては、日本地域運営スタッフの田持裕子さんが来年1月に彼女が通院している聖マリアンナ病院の先生を講師としてお招きし、乳がん再発・転移をテーマとして取り上げる予定です。 BCネットワークの活動に関しては、HP <http://bcnetwork.org

Twitterで山本眞基子さんを応援しよう! BCネットワークTwitter公式アカウント: 山本眞基子 @BCnetworkorg 

 (ヒルル編集長)