無料公開講座「大腸がん啓発ブルーリボンキャラバン」のお知らせ

3月17日(土)、患者さんや一般の皆様向けの無料公開講座 「大腸がん啓発ブルーリボンキャラバン」が秋葉原DXで開催されます。  NPO法人キャンサーネットジャパン のホームページから申し込めますので、ヒルルを見ている方々は、ご家族ご友人を誘って足をお運びください。

取材でよく専門医の先生に「。。。って何ですか?」と唐突に質問しちゃいますが、先生方は本当に話しの繋げ方が上手くてコミュニケーションスキルが高い。今回の東京医科歯科大学大学院の石黒めぐみ先生による『大腸がんとは?」は Podcast でも聞けたらいいのになぁと思います。それからNHK『龍馬伝』の紀行に楽曲提供したクラシックギターデュオ「いちむじん」の生演奏も聴けるそうです。就活婚活カツマーの人たちにとっても、いろいろと収穫アリな無料公開講座です(ヒルル編集長)

blue_ribbon_caravan.jpg お申し込みはこちらから、
NPO法人キャンサーネットジャパン http://www.cancernet.jp/2247


ブルーリボンキャラバン2012 in 東京「もっと知ってほしい大腸がんのこと」のお知らせ -3月は国際的な「大腸がんの啓発月間」です-

がん患者主体のがん医療の普及啓発を目指すNPO法人キャンサーネットジャパン(理事長:岩瀬 哲)は、大腸がん患者・家族のための無料公開講座「大腸がん啓発ブルーリボンキャラバン」を本年、金沢、東京、新潟、福岡、熊本、名古屋の全国6都市で開催します。

大腸がんと診断される人は毎年、日本で推計10万人以上にのぼり、罹患者数は胃がんに続き2番目に多く、全がん罹患者の15%を占めています。また大腸がんは運動・食生活による予防効果や、検診による死亡率の低下も明らかながんと言われています。一方で、大腸がんの治療法の進歩は目覚ましく、この10年、新規抗がん剤や分子標的薬の登場により、着実に生存期間の延長が報告されています。また、大腸の遺伝子検査により、事前に治療効果が予測できる個別化治療も進展しています。
しかし、日本では大腸がんの認知度は低く、治療の進歩についても知られておりません。米国の研究によると、科学的根拠に基づく最新の医療情報を調べる(知っている)患者は、適切な新しい治療を受ける比率が高かったと報告されています。このような背景により、大腸がんの啓発活動が必要です。

[ 東京会場開催概要 ]
開催日 2012年3月17日(土)
時間 14:00~18:00(開場13:30)
場所 秋葉原UDX 4F シアター
参加費 無料
協賛 メルクセローノ株式会社
後援 大腸癌研究会、公益社団法人日本オストミー協会、特定非営利活動法人ブレイブサークル運営委員会

l プログラム (総合司会:フリーアナウンサー 中井 美穂)
14:00 開会挨拶 NPO法人キャンサーネットジャパン理事 小西 敏郎
14:05 ご挨拶 東京医科歯科大学大学院 腫瘍外科学教授・大腸癌研究会 会長 杉原 健一
14:15 特別講演 走る(生きる)意味 NPO法人ニッポンランナーズ 金 哲彦
14:40 基調講演(1) 大腸がんとは?予防・検診の実際 東京医科歯科大学大学院 石黒 めぐみ
15:10 基調講演(2) 大腸がんの外科的治療と補助療法 北里大学医学部北里大学東病院 佐藤 武郎
15:40 基調講演(3) 大腸がんの薬物療法 国立がん研究センター東病院 吉野 孝之
16:10 休憩(15分)
16:25 コンサート いちむじん
17:00 Q&A パネルディスカッション もっと知ってほしい「大腸がん」のこと
〈パネリスト〉杉原 健一 石黒 めぐみ 佐藤 武郎 吉野 孝之 金 哲彦
17:50 閉会挨拶
18:00 懇親会希望者の方のみ参加費¥2000/予約が必要です。