『乳がんと心のケア』大西秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター)

7月30日、第1回横浜タウンホールミーティング(主催 BCネットワーク、湘南記念病院)が開催されました。

そこでの大西秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター)の講演『乳がんと心のケア』がジャムズネット東京により動画編集されています。素晴らしい講演です! 是非ご覧ください。 

講演内容は、

がん医療における「うつ病」の見落とし 

 [うつ病 症状のまとめ] 
#身体症状
    身体がだるい
    眠れない
    食欲がない
 #精神症状
    気分が落ち込む
    意欲が出ない
    何をして良いかわからない

 [うつ病の診断基準]
1or2のどちらかは必須、9項目中5項目以上が2週間認められる
 1.抑うつ気分*
 2.興味・喜びの低下*
 3.睡眠障害
 4.食欲低下
 5.焦燥感・制止
 6.倦怠感
 7.自責感
 8.思考・集中力の低下
 9.希死念慮

 [ある乳がん患者さんのケース]
 乳がん手術、放射線治療、化学療法後、 体調不良を主訴に来院。
 うつ病の診断。
 (患者さんへの説明)
 1.うつ病であること。
 2.服薬の必要性。
 3.休養の必要性。
 (処方) ミアセリン (10)1T 1x寝る前
 (まとめ) 治療により、身体症状が消失。 体調不良は、うつ病(心の病)の身体症状だった。

[練習問題]
 最近、身体が***である。 検査では問題がない。
 心の問題の可能性がある→○ 

 私は眠れるからうつ病ではない→×

 まめいがひどい。 耳鼻科では問題がない。
 心の問題の可能性がある→○


動画編集は ジャムズネット東京事務局 池田みどりさん。< Thanx!  ピアニストである彼女のHPは コチラ>>
ジャムズネット東京+BCネットワーク、そして湘南記念病院 土井卓子先生のイベントは、とても会場の雰囲気がいい。来年も、開催されることを切望します(ヒルル編集長)

ジャムズネット東京 http://jamsnettokyo.web.fc2.com/