第1回横浜タウンホールミーティング 動画レポート | 土井卓子先生(湘南記念病院)

第1回横浜タウンホールミーティング(主催 BCネットワーク、湘南記念病院)の模様が動画レポートとして、BCネットワークのHPで見ることが出来ます。今回のテーマは、医師と患者の対話(患者力の向上)『主治医から手術、薬まで、乳がん治療の選択:対話で考える最良の医療』 会場の着座位置も円形にし、みんなと等しい距離で一体となった、とても良い雰囲気のミーティングでした。ケーススタディ(症例)を具体的にいくつか取りあげている場面は必見。みなさん、背もたれから背中が離れてます。

[ケーススタディ]
閉経後の女性(58歳) 子どもは独立、夫と二人暮らし 
右乳房内側に直径2センチの腫瘍、リンパ節の腫れはわからない。
乳癌であると検査結果の説明が主治医の先生からありました。

 あなたは情報不足で心配な気持ちがあります。 
 そんなとき、みなさん、どうしますか? 

  1.質問してもわからないので我慢する 
  2.納得するまでとにかく質問する 
  3.主治医を変えてもらうようお願いする 
  4.セカンドオピニオンをお願いする 
  5.別の病院にこっそり行く 

このケーススタディでは、会場にいるみなさんが1から5まで挙手して会場の反応を見ながら「みんなで考える」ようにしていました。臆することなく「別の病院にこっそり行く」の5に挙手する方が多くいました。ホンネを取り込みながらの素晴らしい構成です。 土井先生の巧みな進行と、BCネットワークのインタラクティブな構成は、いつもながら素晴らしい!

この動画でみなさんも会場の雰囲気も感じ取ってください。(ヒルル編集長)
BCNetwork_report01.jpg