日本舞踊 50才までは若手

お知らせがあります。 シトワイヨン interview でご紹介した 大木麻梨子さんが、日本舞踊家の登竜門の「各流派合同新春舞踊大会」で「清元 四君子*」を踊ります。 乳がんに罹患したことも、すべては芸の肥やしにしてきた大木麻梨子さん=「藤間秀」を応援してください。
「四君子*」 蘭、竹、梅、菊の四つを指す称。これらの花や美しさが高潔な君子に似ていることから四君子と呼ばれる。


伝統芸能の世界では、
 
幼少の頃から踊りをしてきても50までは若手なのだそうです。 そのような若手に対して70・80代のグランドマスター(お師匠さま)が第一線で目を光らせ「お前が立派になるまでは、ワシは死ぬに死に切れん」と教える方も教わる方も切磋琢磨し、日々真剣に藝を極めている世界です。

ヒルル編集長


後 援  文化庁
開園日  平成23年1月5日(水)〜8日(土)
会 場  国立劇場小劇場 東京都千代田区隼町4-1 電話 03-3265-7411

チケット取扱
・全席自由3,300円(各部入れ替え制)
・大木麻梨子さんHP http://ameblo.jp/rabi-ko/
藤間秀曄舞台稽古所HP http://www.edu-pa.net/hideaki-f/fujima1.htm
・国立劇場チケット売場(窓口販売のみ)

※大木麻梨子さんは、最終日の8日(土)の第1部の最初に踊ります。(10:30開場、11:00開始)
23th_reflet.jpg