第2回 乳がんシンポジウム@横浜

  第2回乳がんシンポジウム横浜.jpg
2010年 7月10日(土)、『第2回 乳がんシンポジウム@横浜』主催:BCネットワークJapan が開催されました。今回のシンポジウムにメインテーマは『乳がんを通して、患者力を高めよう ~ NYから講師を迎えて ~』

土井卓子先生.jpg
総合司会を努めて頂いたのは、土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がん甲状腺センター長)。和服姿は、今回の基調講演のためにわざわざNYから来て頂いたDr. Freya Schnabel (ニューヨーク大学外科教授&乳腺外科部長)への日本からの敬意を表しています。

Freya Schnabel MD Key note speech.jpg

シュナベル先生は、『アメリカの医師と患者の関係』というテーマで基調講演をして頂きました。



パネルディスカッション.jpg
 
パネルディスカッションの部、
「患者力向上のための提言」!!

パネリストの方々、土井先生のナビゲート、大変素晴らしかったです。そして、開場の雰囲気も! 来年もBCネットワークJapanによって、開催されることを切に望みます

 

パネリスト.jpg
 
 パネリスト:右から、

◎福田 護先生(聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージングセンター院長、聖マリアンナ医科大学外科学特任教授 乳腺・内分泌外科)
◎Dr. Freya Schnabel(NYU Cancer Institute - NYU Clinical Cancer Center)
◎山本眞基子代表(患者団体代表 BCネットワーク)
一番左は、ナビゲーター:土井卓子先生(湘南記念病院 かまくら乳がん甲状腺センター長)


 
パネリスト02.jpg
 今度は、左から、
◎仲本光一先生(外務省医務官、ジャムズネット東京代表)
◎石山 暁先生(横浜市立病院 がん検診センター診断担当部長 乳腺外科長)
◎石川 孝先生(横浜市立大学付属市民総合医療センター乳腺甲状腺外科部長)
◎関根友実さん(元朝日放送所属アナウンサー & 医療を支える関西オカンの会代表)


横浜会場風景.jpg
第2部、選択制のワークショップでは、
山内 英子先生(聖路加国際病院ブレストセンター 乳腺外科部長)による『テイラーメイドの乳がん治療』、白田 正樹氏(株)サン•メディカ創立者/代表による『代替/統合医療からの乳がん患者さんへの側面治療』、山崎 多賀子氏(乳がんサバイバー、 美容ジャーナリスト)による『乳がん治療時の化粧法』、そして、大木 麻梨子氏(乳がんサバイバー、リンパ浮腫対策委員会代表)による『がん術後のリハビリエクササイズ』~Let's doリハビリエクササイズ~でした。どれを選択するか、悩ましいですね。

nyuubousaikenntyuu.jpg
イラストレーター川野すみれ氏の『ただいま 乳房再建中!』(学研メディカル)、土井先生が解説をされています。この本は、土井先生と患者さんだった川野氏の、二人の出会いがなければ、この世に出なかったかもしれません。







BC Network Japan.jpg
取材に協力して頂いた、山本眞基子氏(BCネットワークJapan代表)に感謝申し上げます。



JAMSNET.jpg
取材に協力して頂いた、仲本光一(外務省医務官、ジャムズネット東京代表)に感謝申し上げます。