取材 癌研有明病院 瀧澤先生3回目

癌研有明病院 滝澤先生の取材記事の3回目がアップされました。

今回は,

 「卵巣がんはどのように診断されるの?」

  「チョコレート嚢腫ってがんになる?」

となってます。

取材記事では,癌研有明病院婦人科において、チョコレート嚢腫の大きさによる手術と判断するおおよそのタイミングを載せさせて頂きました。

予防の観点からは,チョコレート嚢腫ができてしまうホルモンバランスの改善も必要です。


瀧澤先生の取材を振り返えると、

ドクターが手術などのアクションを起こすタイミングを知ることができました。

また,最新の統計データや、諸外国の研究者たちの視点などもご説明してくださいました。

これは短絡的に外国の最新情報や研究成果に振り回されることなく、日本の実情や社会的経緯を見据えて慎重に治療が行われていることを,当たり前のことですが,学ばさせて頂きました。

ヒルル編集長

hon2.JPG