「チョコレート嚢胞 診断」 上坊敏子先生の『卵巣の病気』連動コンテンツ


「チョコレート嚢胞で経過観察中」にもどる >

上坊先生; チョコレート嚢胞の診断の第一歩は 問診 と 内診です。

問診では 月経の程度、月経時以外の下腹部痛、腰痛などがポイントになります。

内診では 卵巣の大きさ、周囲の臓器と癒着がありそうかどうか(よく動くかどうか)、圧痛(押さえると痛む)があるかどうかなどを調べます。

卵巣の腫れものが子宮やその後側のダグラス窩(か)などと癒着して圧痛があれば、チョコレート嚢胞を疑います。

また、内診時に 膣に挿入した指で子宮を動かすと 強い痛み を感じることがあります。これも、チョコレート嚢胞 や 子宮内膜症の特徴 です。
詳しくは☞『卵巣の病気』77ページ  チョコレート嚢胞の診断

上坊敏子先生 次に行うのが 経腟超音波検査 です。

チョコレート嚢胞では、卵巣の腫れものの中に細かい斑点があったり、濃度の違う部分があったり、といった独特の所見が見られます。
詳しくは☞『卵巣の病気』77ページ (図)経腟超音波でみたチョコレート嚢胞と正常卵巣

問診の内容、内診の所見、経腟超音波検査で、チョコレート嚢胞をある程度診断することができます。
詳しくは☞『卵巣の病気』77ページ  チョコレート嚢胞の診断


ヒルル: 経腟超音波検査まででは「ある程度診断」なのですか?

上坊先生; チョコレート嚢胞と卵巣嚢腫、卵巣がんを超音波検査だけで区別するのはなかなか難しく、こんなときには MRI検査 が大きな役割を果たしてくれます。
詳しくは☞『卵巣の病気』78ページ  (図)MRIでみたチョコレート嚢胞

MRIでチョコレート嚢胞と卵巣がんを区別できる確率は96%と報告されています。

血液検査も役に立ちます。
詳しくは☞『卵巣の病気』78ページ  チョコレート嚢胞の診断


ヒルル: これまで整理するとチョコレート嚢胞の診断は、問診、内診、経腟超音波検査が基本。MRI検査や腫瘍マーカーも役に立つ。でよろしいでしょうか?

上坊先生; ここで述べてきたいろいろな検査をしても、チョコレート嚢胞かどうかを診断することが難しいときもあります。

最終的には、腹腔鏡検査か開腹手術で病巣を摘出して、病理検査で確認します。
詳しくは☞『卵巣の病気』79ページ  チョコレート嚢胞の診断


ヒルル: 次にチョコレート嚢胞の治療についてお聞かせください。

上坊先生; 良いですが、その前に投稿者ピーチさんの 妊娠希望 はどうなってるのかしら。

ヒルル: 投稿からは読み取れません。まだ29歳とお若く、会社員として働いているそうです。 昨今、タレントさんが50歳で妊娠したとニュースもあり・・

<厳しい雰囲気 第二回>

上坊先生;  有名人が高齢で妊娠・出産すると、マスコミが大きく報道します。それを読んで 「高齢での出産は容易なこと」 と思う女性がいると思います。

 それは誤解です。

卵巣の機能・若さという始点からは、いちばん妊娠しやすく流産や先天異常のリスクが低いのは、20代の半ば、せいぜい30歳までです。

  「結婚に 適齢期はないけれど、 妊娠には 適齢期がある」

 これが 産婦人科医の率直な気持ちです。

詳しくは☞『卵巣の病気』66ページ COLUMN 避けては通れない「卵巣の老化」
詳しくは☞『卵巣の病気』67ページ COLUMN 閉経するまで妊娠できると思っていませんか

その他の COLUMN タイトルリスト☞上坊敏子先生のコラム 『卵巣の病気』


妊娠希望の有無は、次のチョコレート嚢胞の治療方針 を決める判断材料の一つになるのです。


チョコレート嚢胞 治療  に続く >


ヒルル「専門医 ドクター Q&A」は、ユーザーに対して診断を行うものではありません。ある事例に対して、がんの予防や早期発見、治療などについての専門医による助言を提供し、医学的にどのような選択肢があるのか理解を深めていただくための情報コンテンツです。また、投稿コメントが必ずしも投稿者自身の状態を正確に評価し、過不足なく記述されているとは限りません。 当サイト内で得られた情報はあくまでも参考程度にとどめ、個々の症状およびケースについては、しかるべき医療機関を自身の判断で受診してください。(ヒルル管理者)

上坊敏子先生
上坊 敏子(じょうぼう としこ)先生
婦人科腫瘍専門医
社団法人全国社会保険連合会 社会保険相模野病院  婦人科腫瘍センター長
詳しくは、先生紹介 >