「卵巣がんはどのように診断されるの?」 「チョコレート嚢腫ってがんになる?」 滝澤憲 先生(がん研有明病院病院)

(第3回 がん研有明病院瀧澤先生インタビュー)

診断が難しい、組織診断できない"がん"



卵巣がんの診断は、腫瘍マーカー、MRIやCTなどの一般的ながん検査に加え、子宮内腔の細胞を採取する細胞診などによって判断されます。

経膣超音波検査(エコー)の精度が高まったことで、かなりの確率で卵巣がんであることが確かめられるようになりましたが、実は手術をして組織を病理検査するまでは、がんかどうかはわからないのです。

卵巣に直接針を刺して細胞を抜き取ることができれば、手術前にがんかどうかを診断できるのですが、それは"やってはいけないこと"とされています。まだ破裂していない卵巣腫瘍に針を指した場合、針穴から内容物や細胞がこぼれてしまう危険があるからです。

卵巣がんの検査でありながら、子宮内腔の細胞診断をするのはそのためです。卵巣のがんや腹水は、卵管を通って子宮内に入り込んでくるので、がんがある程度大きい場合、1/3以上は、この子宮内腔細胞診でわかります。

このように卵巣がんの診断・早期発見はとても難しく、「たぶん卵巣がんであろう」という「疑診」のもとで手術・治療が行われます。

100127_2.jpg真興交易医書出版部
心配しないでいいですよ 再発・転移子宮がん
瀧澤 憲 (著)
100127_book.gif
■チョコレート嚢腫は、必ず定期観察を!
近年「チョコレート嚢腫ががん化する確率」や「どの段階で手術をしたら予防できるのか」を調査する試みがはじまっていますが、まだはっきりとした調査結果はでていません。
完全な証明はされていませんが、現在のところ5cm以上のチョコレート嚢腫が10年ほどの間にがん化する確率は、5%以上ではないかといわれています。

チョコレート嚢腫は日本人女性の14~15人にひとり、不妊症の人の3人にひとりが患っている病気です。チョコレート嚢腫自体は良性の卵巣腫瘍ですが、年数を経て将来的に、類内膜(るいないまくせい)腺がんや明細胞(めいさいぼう)がんに変化する危険性を秘めています。

100127_3.jpg現在の婦人科の方針では、予防の意味でも、ある程度の大きさ(5~7cm位)になった場合は、早い段階で手術するのが好ましいと考えています。
卵巣がん発生のピークは50歳台ですから、閉経後にチョコレート嚢腫らしいものが見つかれば、大きくなっていない場合でも切除した方がいいでしょう。
しかし、これから結婚・出産を控える若い世代にとっては、非常にデリケートな問題ですし、出産後にチョコレート嚢腫がなくなるケースもないわけではありません。すぐに手術を考える必要はありませんが、大きくなっていないか、定期的な経過観察は怠らないようにしてください。