「卵巣がんになりやすい人は?」「母が卵巣がんなので、遺伝が心配!」 滝澤憲 先生(がん研有明病院)

(第1回 がん研有明病院 瀧澤先生インタビュー)

■女性のライフスタイルの変化が原因!?

takizawa_01.jpg卵巣がんは、30年前より死亡数も病気にかかる方の数も3倍近くに、40年前より約4倍にも増えています。その原因ははっきりとはわかっていませんが、疫学調査(卵巣がん患者を対象にしたアンケート調査)から、女性のライフスタイルやライフサイクルの変化が大きく影響しているのではないかと考えられています。

発生要因として考えられるのは、

(1)妊娠・分娩回数の減少と妊娠開始年齢の高齢化
(2)高たんぱく・高脂肪の食事
(3)女性の高学歴化、社会進出によるストレス

です。

(1)では、低用量ピルを服用していた人に卵巣がんが少ないことから、逆に排卵の回数が多いと癌になりやすいと考えられています。

(2)は、欧米での罹患率の高さから、欧米型の食事も要因とされます。

(3)は、女性の社会的責任が増えるにともない、ストレスも増加していることです。

強いストレスは卵巣の機能を低下させ、「生理が止まる」、「月経周期が乱れる」といった症状を招く原因になります。このような症状がある場合は、早めに婦人科を訪れてください。

■卵巣がんのうち、9割以上は突発性

不妊治療で使われる排卵誘発剤が、卵巣がんを発生させやすいかどうかはまだ研究段階で、これまでのところは悪影響を与えるという確かなデータは得られていません。

一般的に、卵巣がんのうち9割以上は突発的な発生であると考えられています。
遺伝はまれですが、BRCA1、BRCA2という"がん抑制遺伝子"に異常があると、卵巣がんや乳がんを発症する確率が高くなることがわかっており、この遺伝子の異常は遺伝することがあります。
この遺伝子異常があるかないかを調べることもでき、BRCA1の遺伝子異常があった場合、80歳までに卵巣がんを発症する生涯危険率は60%あるといわれ、数字的には高い確率です。一方BRCA2の遺伝子異常の場合は、リスクはその1/3程度で、「必ずがんになる」というわけではありません。

血縁者に卵巣がん患者がいるからといって過剰に心配する必要はありませんが、takizawa_02.jpg逆をいえば、卵巣がんは卵巣がある女性ならば誰でもが発症する可能性を秘めているともいえます。少しでも異常を感じたら早めに受診する、良性の卵巣嚢腫などがあれば定期的に観察するなどを、ぜひ心がけてください。


※次回の瀧澤先生インタビューは、こちら→「卵巣がんにはどんな種類があるの?」「年齢によって症状は違うの?」