1. がん予防情報-ヒルルHOME
  2. 不妊治療の話、聞いてもらえますか

みんなの広場新規投稿

投稿者: ぴよこ
投稿日:2002年08月10日 08:11 [ お返事(5)]
他の投稿を見る
女性1

専業主婦
29歳

不妊治療の話、聞いてもらえますか

みなさん、こんにちは

不妊歴6年…持病治療の為、現在は
不妊治療をお休み中のぴよこです。

5月から、持病(内科)の薬物療法を
始めて…3ヶ月。
3ヶ月〜最高でも6ヶ月、薬の効きを
みて妊娠(不妊治療)の許可が出る事に
なっていますが…
最近、不安に思う事が多くて…

最初に不妊治療を始めたのが24歳の
時、1度も妊娠しないまま今年30歳を
迎えます…。
元々持病があって、妊娠しづらい体
なのか?とも思っていましたが…
治療(AIH)途中で、また新たな病気を
発症、不妊治療を2年中断しました。

私の持病は、『自己免疫疾患』で
2年前に新たに発症したのもやはり
自己免疫疾患の1つで、現在3つの
自己免疫疾患を持っています…。

6年も妊娠しないのだから…何か?
原因があると思うのですが…
検査の結果だとこれといった異常は
見つからず…
自分の年齢やこれから2人?生むと
考えたら…また不妊治療の費用が
かかる事、6年も待ってくれた主人
の事、癌の実母の事など色々考えて
体外受精の相談を主治医にしたら…
「あなたにIVFは、必要ない!」と
言われてしまいました…。

主人の希望は、IVFで双子を授かる
事だそうです…
理由は、もう私が泣くのを見たくない
から、AIHより少しでも確率の高い
IVFを受けさせてあげたいと言って
いました。
双子と言うのは…私(母体)が自然分娩に
耐えられない体なのを知っているので
子供は、2人欲しいけれど…帝王切開は
1度で済むようにという主人なりの
優しさと現実問題として、また1から
不妊治療を受けて2人目を授かる場合
の費用面の事からだと思います…。

正直なところ…私も主人も6年間も
の長い間、待って待って『不妊』に
疲れてしまいました…。
6年間で私に残ったのは、ホルモン
治療とストレスからの30kgの脂肪
の塊だけです…。

もう泣く事は無い!と思っていても
生理の時は、知らずに知らずのうち
気持ちが不安定になってしまって…
主人の前では、笑っていたけれど
今は、なんだか涙が出ます…。
普段は、極力明るく振舞っている
つもりでも生理の時だけは、素直な
気持ちが出てしまうんですね…
私、やっぱり子供が欲しいんだ…と

今月、主人の誕生日で昨日生理
来て…ちょっとガッカリしている
主人の顔と生理の私を気遣って
くれる優しい主人に申し訳なくて
誰にも言えなくて、ここに書いて
しまいました…。
読んで下さった方、ありがとう
ございました。





他の投稿を見る

お返事の受付は終了しました。

投稿者:りんご
投稿日:2002年08月10日 23:41
女性1

主婦
0歳

ぴよこさん はじめまして

うちの主人は以前から双子が欲しいな〜と言っていたんです。
でもその時はまさか自分達がこの先不妊治療に関わるなんて全く
思っていませんでした。
私は結婚が遅かったので、治療歴はまだ一年余りですが
4回のAIHを終えて、今度IVFにステップアップすることになり
「本当に双子の可能性も出てきちゃったね。」と言っています。
私も年齢的なこともあって、どうせなら1度に2人産めたらいいな・・・
なんて思うこともあります。
ぴよこさんの担当のお医者さまはどうして「あなたにIVFは必要ない。」
なんておっしゃったのでしょうか。
まだその段階ではないという意味なのでしょうか。
ぴよこさんやご主人が望むならIVFにチャレンジしてもいいのでは
と思うのですが・・・。
ぴよこさんが頑張ってきた6年間に比べたら、私はまだまだだけど
自分に可能性がある限り諦めたくないって思っています。
だからぴよこさんやご主人が赤ちゃんを望んでいるなら
可能性はまだいっぱいありますよ!
辛いこともあると思うけど一緒に頑張りましょう。
そしてお身体も大切にして下さいね。

投稿者:めり
投稿日:2002年08月11日 20:57
女性1

会社員&主婦
0歳

こんにちはぴよこさん。少しは元気になりましたか?
お話を読んで、とても優しい旦那様とぴよこさんにじーんと胸の奥で熱いものを感じました。

私はおととい、始めての妊娠で流産してしまい、掻爬手術をしました。辛かったけれど、また妊娠に向けて頑張ろうと思っていたところです。
そんな時ぴよこさんの投稿を読み、何とか力になって差し上げたいと思いました。
私なんて何のお役にも立てないのかも知れま・/font>

投稿者:Tomo
投稿日:2002年08月11日 22:32
女性1

主婦
0歳

ぴよこさん、はじめまして。

お身体、大丈夫ですか??
子供の事あまり考え過ぎるのは良くないって分かっていても、どうしても考えちゃいますよね…。私も今年30歳になります。30歳までには1人産みたかったんだけど、妊娠する気配すらありません。姉にも「もう30が来る…」ってよく愚痴ってます。でもその度、姉に「まだ30、これからよ。」って言われます。最近、40代の出産ってことをよく聞きますよね。そう思ったらあと10年もある訳です。お互い、まだまだ時間はありますよねっ!

ぴよこさんの思いつめるお気持ちわかります。でも、今は無理せず、優しい旦那様と一緒に少しのんびりされてみてはどうですか?身体も心も元気になったら、また頑張ろうって気分になれますよ!
お互い、焦らず、無理せず、いきましょうねっ\(^0^)/

なんだか、的外れなお返事になってしまってごめんなさい…。

投稿者:ぶ〜ぶ
投稿日:2002年08月12日 07:36
女性1

専業主婦
0歳

ぴよこさん、こんにちわ!
投稿を読んでいて少し私と同じだなと
思い、レスさせてもらいました。
私も今は2つ「自己免疫」の持病があります。
結婚して4年目です。
2年目の時に1つ目の病気を発症し、そちらの
薬を内服中に2つ目が去年判明し、そちらも
薬を飲んでいます。
不妊治療はまだ本格的にはしていませんが、
先日婦人科に行き、中々妊娠しないことを
告げるとやはり、前の二つの「自己免疫」
は中々妊娠しにくい原因にあると言われて
しまいました。これまでも、全く妊娠
至ったことはありません。
どんどんと年齢は過ぎていくし、先の
心配ばかりが募ります。。。。

投稿者: ぴよこ
投稿日:2002年08月13日 01:09
女性1

専業主婦
29歳

りんごさんへ
お返事ありがとうございました。
遅くなってすみません…。
りんごさんは、IVFにステップアップ
なさるんですね…私もAIHが上手く行かず
夫婦で色々考えて、すぐ妊娠出来なくても
IVFで受精しているかだけでも知りたいと
思ったんですが…私の主治医は、どうやら
「内服&注射だけですぐ妊娠するから!」
のような事を言っていて…あんまり親身に
考えてくれていないのかも知れません…。
今の生理が終わったら、婦人科の受診がある
のですが…今度は、主人も一緒に付いて来て
もらって持病の事も含め、IVFの事を相談
しようと思います。
りんごさんのおっしゃる通り、私も自分の可能性
信じてみますね。

めりさんへ
お返事ありがとうございました。
お体の方は、もう大丈夫ですか?
めりさんの方が心も体も辛い時なのに
お気持ちとっても嬉しかったです。
サ−バ−のせいだと思いますが…途中で
切れて最後まで読む事が出来ませんでした。
でもめりさんの優しい気持ちは、とっても
伝わりました。
まだまだ暑い日が続きますが、今はあまり
無理をなさらずにお体大事にして下さいね。

TOMOさんへ
お返事ありがとうございました。
TOMOさんのおっしゃる通り、焦らず
無理せずいけたら、1番いいんですけど…
病気を抱えるとどうしても暗〜く暗〜く
考えてしまいがちなんですよね…。でも
TOMOさんのお返事は、私に明るさを
くれたような気がします。
的外れなんかじゃありませんよ。ご心配
なさらないで下さいね。
のんびり構えるのは、難しいですが…
それが赤ちゃんへの1番の近道なのかも
知れませんね…。
私も少し、リラックスを心がけようと
思います。

ぶ〜ぶさんへ
お返事ありがとうございました。
私の病気は、「慢性関節リウマチ」
「尋常性乾癬」「甲状腺機能亢進症」で
この病気が、直接不妊と関係があるのかは
分からないのですが、甲状線ホルモンは
妊娠&出産に深く関わるそうなので…多分
甲状線を(今、治療中)治さない限り…
私の場合、妊娠&出産は無理のような気が
しています。
私の場合、妊娠出来ても流産しやすい!と
内科の主治医に言われていて…いつになったら
本当のゴ−ルが来るのか?全く闇の中です。
私も不安だらけですが、一緒に頑張りましょう。

みなさんへ
今日、生理4日目で出血も落ち着いて気持ちも
だいぶ落ち着きました。
文章が下手なので自分の伝えたい事を上手く
伝えられ無いのですが…
辛いのも悲しいのも自分だけじゃないと少し
恥ずかしく、反省しています…。
病気を抱えると卑屈になったりして、これでは
いけない!頑張らなきゃ!と思う反面…弱い
自分がいて…
みなさんからお返事を頂いて、1つ決めた事が
あるのでご報告しますね。
今、体重が80kg近くあるのですが…(恥ずかしい)
内科の主治医から妊娠の許可が下りるまでに
少しでも体重を落として、妊娠しやすい体に
近づけるために努力する事にしました。
みなさんと私に1日も早く、こうのとりが訪れ
ますように…
ありがとうございました。

お返事の受付は終了しました。