1. がん予防情報-ヒルルHOME
  2. ただ聞いてください。

みんなの広場新規投稿

投稿者:サイ
投稿日:2002年07月05日 12:09 [ お返事(5)]
他の投稿を見る
女性1

学生
0歳

ただ聞いてください。

つい最近、私にとって最後の祖母を亡くしました。彼女は癌だということを知らずいつか退院ができるその日を待ちながら一人孤独に病院で過ごす毎日を送っていました。私は遠くに住んでいるため彼女の病院を訪れるということはできませんでした。そのため一度も彼女のお見舞いにも行けなかったことが悔やまれます。自分が帰って彼女の病気が良くなるというわけはもちろんありませんが、ただとても会いたかったのです。私は小さいころからよく彼女のうちに遊びに行き、実家に帰れば必ず母と一緒に彼女に会いに出かけるというのがあたりまえでした。ありがたいことに私には沢山の祖母との思い出があります。しかし結果的にこのようになってしまったことを、とても寂しく感じています。私にとって最後の祖母でした。一人、呆然と毎日を送っています。何だかどのようにして毎日を過ごしていいのか分からないのです。ただ祖母が亡くなったのだということが繰り返し頭の中で私に言い聞かせます。でも、目で見ない現実のため、いつも呆然としてしまうんです。辛いです。

他の投稿を見る

お返事の受付は終了しました。

投稿者:さかな
投稿日:2002年07月05日 12:44
女性1

バイヤー
32歳

こんにちは、思わずお返事してしまいました。サイさんのお気持ちよくわかります。わたしも、ちょうどサイさんと同じ年齢の時に、大好きだった祖母を亡くしました。祖母とは同居していたこともあり、私にとっては初めて遭遇する家族の死でした。小さいときからとても可愛がってくれ、私にとっては、時には両親以上の理解者でもありました。悲しくて悲しくて、しばらくの間は何をしても祖母の顔が思い出され涙が浮かんで来ました。でも、月日が経つ内に悲しみは和らぎ、やさしい思い出が自然と浮かんでくるようになりました。うまく表現出来ないのですが、月日の流れがサイさんの気持ちを穏やか物にしてくれると思います。今は、おつらいと思いますが、おばあ様のこと忘れないであげればいいのではないでしょうか。

投稿者:りんこ
投稿日:2002年07月05日 12:48
女性1

主婦
27歳

はじめまして。

大好きなおばあさまが亡くなられてとても寂しい思いをされてるのですね。
でも命あるものいつかは必ず天国へ行ってしまうものです。
いつまでもあなたがおばあさまとの思い出を大切に覚えていること、大好きでいることを心がけていればあなたのことを優しく見守ってくれるのではないでしょうか。
病院のベッドとは違い、天国では元気に過ごしていると思ってあげましょう。

投稿者:なみ
投稿日:2002年07月05日 18:40
女性1

介護
0歳

サイさん こんにちわ。
私は仕事で、老人の方のお世話をさせていただいているので、思わず返事をさせてもらいました。
サイさんは、本当にお婆様の事が大好きだったんですね。
サイさんが お婆様との思い出を大事になさっている事が、最高の供養になっているのではないでしょうか?
私の働く老人施設では、身寄りのない方もいます。
急変して、亡くなっても誰も来てくれなく、寂しい死を迎える老人もいます。
サイさんのお婆様は、幸せだったんではないでしょうか・・・。
今は 本当にお辛いでしょうけど、お婆様が安らかに眠れる様に、祈ってあげませんか?
きっと、天国でサイさんを見守っていてくれていると思いますよ。

投稿者:みゆりん
投稿日:2002年07月05日 18:50
女性1

主婦
0歳


サイさん、初めまして。こんにちわ。

以前の私の心の中と全く同じだったので、レスさせてもらいました。

私の場合は祖父だったのですが、本当に大好きでした。

私も遠方に居た為に最後を看取ることも出来ませんでした。

しばらくは、毎日、泣いていました。今もよく思い出します。

最後はひとりで寂しかっただろうな。とか考えたら涙がでてきます。

大好きだった人との別れは、なんともいえず心が空虚な感じがします。

でも、亡くなった祖父の分も沢山、精一杯、生きようとおもいます。

そうすることで、少しは供養になると思うし、天国から応援していて

くれる気がします。いまから、辛いことあったり、悲しいことがある

と思いますが、お互い、沢山の思い出と一緒に頑張っていきましょう。

サイさん、がんばって!

投稿者:プー
投稿日:2002年07月06日 01:45
女性1

主婦
35歳

私とサイさんが違うのは、私は祖母と生まれてから結婚するまでの
22年間を一緒に生活してきました。
その22年間の内の13年間くらいは祖母に育てられていたんです。
と、言うのは母は男のように仕事だけしている人で、
私はそんな母が嫌いでした。だから逆に祖母のことが大好きで、
何でも祖母には話をしていたり、祖母がかなり高齢だったので
毎月の病院通いも私が連れて行ってあげたりしていました。
しかし祖母も亡くなる半年ほど前からは寝たきりになってしまい、
母は毎日オムツを替えたりして大変だったと思います。
そのころには私も結婚して子供も2人いましたけど
週に2〜3回は祖母の話相手や世話をしてあげました。
そして最後に祖母が入院した時にちょうど長男の入院と重なり
私はほとんど見舞いに行ってあげることができなかったんです。
そして、亡くなる日はちょうど子供の退院の日でもあり、
昼ころに母が行った時に「ありがとう」と言ったのを最後に
「危篤」状態へ・・・
私が夕方病院へ行った時には意識がなく、苦しがってる祖母がいました。
でも、私や子供、夫は手を握ってあげました。
そして家に帰ってきて夫と、子供がお風呂に入っている時に
電話がなりました。母からでした。
「病院から電話が入ってすぐにきてくださいって言ってる」と・・・・
私はまだはっきりしたことがわかったわけではないのに
涙が溢れてきました。
そして病室へ行くと先生がでてきて「残念です」と一言。

私には今3人の子供がいます。
そう、3人目の事は祖母は知らないのです。
でも、意外に祖母の夢を見ることはないのですが、
今まで2回ほど祖母の夢を見ましたが、
祖母が3番目の子供の顔をジーっと見ていたり、
最近見た2度目の夢は祖母と3番目の子供が一緒に
遊んでいるんです。不思議だけど、とっても嬉しかったです。

今のサイさんのとっても辛い気持ちはよくわかります。
でも、きっと天国でお婆さんはみてくれてると思うので
がんばって早く元気になってください!
ゴメンナサイ!私の話を長々と書いてしまって・・・・

お返事の受付は終了しました。