1. がん予防情報-ヒルルHOME
  2. 母からの不妊治療日記

みんなの広場新規投稿

投稿者:めぐみ
投稿日:2002年08月02日 19:50 [ お返事(4)]
他の投稿を見る
女性1

主婦
23歳

母からの不妊治療日記

こんばんわ。私は無排卵で治療をしています。実は私の母も同じ無排卵で10年治療をしたそうです。そして私と2つ上の姉を妊娠&出産!!私は治療を始めてすぐ母に自分は無排卵で不妊治療をしている。 といいました。そしたら母から初めて、母も無排卵で治療をした事など話してくれ、一冊のノートを見せてくれました。そのノートは母が治療中の時の父との交換日記でした。父は無口な人です。 ・・・最初のころ母は治療日記として色々愚痴や辛さを書いていたそうです。そして、ある日母が日記を書こうとノートを開けたら父からの”一緒にがんばって行こう”というような意味の言葉がかかれていたのです。それから交換日記として始まったそうで、母はもの凄く救われたそうです。 そのノートは今私の手元にあり、色々勇気つけられています。そして私も旦那と交換日記を始めました。お陰で気が滅入った時とか読み返すともの凄く救われますよ。がんばろうという気持ちになります。

他の投稿を見る

お返事の受付は終了しました。

投稿者:ニッカ
投稿日:2002年08月03日 12:11
女性1

主婦
30歳

めぐみさんこんにちは。

素敵なお話しありがとうございました。

私は、今年の5月から一言日記をつけるようにしてきました。不妊治療の辛さとか生理予定日直前のドキドキとか主人と不妊治療について話した事とか約50文字〜100文字くらいしか書けないのですが、その時の気持ちなども書いています。
もし、私に不妊治療を頑張った末に赤ちゃんが授かって、そのコが大きくなって何かあった時に見せる事ができたらと思って書いてきました。でも、もしかしたら「こんなに不妊治療を頑張ったんだからあなたも頑張りなさい!!」と逆にプレッシャーをかけるものになってしまったら嫌だな・・・。とも思ったりして・・・。ず〜っと誰にも見せずに過ごした方がいいのかな。とも考えた事がありました。

でも、今回めぐみさんの書き込みを読んでこの一言日記は続けていこうと思いました。見せる日が来るかはわかりませんが、今ではすっかり心の支えになってくれているこの日記。大切にしていきたいと思っています。
めぐみさんもご主人との交換日記ず〜っと続けて下さいね。

将来は、子どもも参加できる家族の交換日記ができればいいな〜と思っています。

治療大変ですけどお互いに頑張りましょうね!!

投稿者:めぐみ
投稿日:2002年08月03日 13:59
女性1

主婦
23歳

ニッカさんも日記つけているんですね。日記をつけるって良いことですよね!!。本当に勇気つけられますしね。私は子供が出来て大きくなったら、見せようかななんて思っています。ニッカさんが言うように子供にプレッシャーをかけてしまうこともナイとも言いきれませんが・・ 又、ニッカさんが言うように子供も仲間に入れて交換日記ができたら幸せだろうな、なんて思ったりもしますよ。 ニッカさん!!これからもお互い日記をつけて色々辛いこともあると思うけれどがんばりましょうね!! 

投稿者:チョッパー
投稿日:2002年08月03日 19:48
女性1

主婦
31歳

めぐみさん、こんにちは。
以前「亡き母も不妊治療経験者」で、めぐみさんからお返事頂いた者です。

私は、結婚前約10年位日記をつけていたのですが、結婚したとたん、やめてしまいました。そして、今までの日記も、本当はとって置きたかったのですが、万が一主人に読まれたら、と思うといくら過去の事とは言え、良い気持ちがしないだろう・・という事で、処分しました。
めぐみさんの、素敵なお話を読み、私も真似したいな、って思いましたが、なんせ主人は筆不精で、4年間遠距離恋愛した時には1度も手紙を書いてくれなかったので、今の所、交換日記は無理かも・・・って思いますが、
不妊治療日記は、つけてみたいと思っています。

いずれ、育児日記に変化する事を夢見てがんばりましょうね!!

投稿者:めぐみ
投稿日:2002年08月05日 19:29
女性1

主婦
23歳

返事ありがとうございました。
不妊治療日記を始めて私は旦那の普段口にして言ってくれない思いなど知ることができ、不器用ながら励ましてくれたり、一緒に悩んでくれたり・・・私にとってはなくてはならないノートです。でもね、交換日記にならなくても、治療日記としてそのときの思いとか書きしるしていたら後々色んな意味で励みになると思いますよ。日記をつけることで落ち込んでいるとき気が楽になると思いませんか? 私も今のが育児日記になることを夢見てがんばりますね!! 

お返事の受付は終了しました。