1. がん予防情報-ヒルルHOME
  2. プレマリンについて。

みんなの広場新規投稿

投稿者:くまくま
投稿日:2003年07月28日 18:19 [ お返事(5)]
他の投稿を見る
女性1

OL
26歳

プレマリンについて。

 基礎体温高温期が7日程度で(3日、4日の時も…)デュファストンを10日間服用しその後、すぐ始まった生理三日目からプレマリンを一日一を錠28日服用しました。
プレマリン服用中に体温が上がり五日間、36・7OR8度をさまよい、その後は12日間低温期でプレマリンを飲み終えた日位からまた体温が上がり、胸はパンパンで痛く、下腹部も生理中のような痛さがあります。そして夜は寝れない位、体が火照ってしまいます。
卵胞ホルモンを飲んでいる時は排卵を抑制させると聞いたことがあります。薬の作用で排卵され今、高温期になっていると解釈していいのでしょうか…?
子供が欲しいので、まさか!と思ったりプレマリン妊娠の可能性のある人や妊婦さんは飲んではいけない薬であるといった事に先走りの不安を覚えたりしてます。
プレマリンを服用中の排卵について教えてください。
また、この薬の副作用が乳がんや、子宮系のがんになる確立が高くなると読みました。私は先生からびらんが多いので頸部がんの検査は、まめにするようにと言われてます。でもこの間の3月以来してません。。。
よくわからない、文章になってしまいましたが、先生がなぜ今回プレマリンを処方したのかも聞けずに終わってしまったので
どなたか、処方された方教えてください。
よろしくお願いします。



他の投稿を見る

お返事の受付は終了しました。

投稿者:Muffin
投稿日:2003年07月29日 18:48
女性1

主婦
0歳

こんにちわ!くまくまさん!私も今現在不妊治療中です。ちなみにくまくまさんは、キチンとした不妊治療専門の病院に通っていますよね?!ではデュファストンプレマリンを処方された際にその先生に何のためにどうしてこの薬を吹服用しなければならないのかを聞きましたか?もし、聞いたとしたらその先生はなんて言われたのでしょうか?その事とかが分からないの何とも言えないのですし、私は医療関係者じゃありませんのでハッキリと断言できる訳ではありませんが、「カウフマン療法」という生理周期を整えたりホルモン値が異常な場合などにその正常化を目的として行う治療にはプレマリンやプラバノールなどの薬を処方されますよ。くまくまさんもご自分の今置かれている治療の状況を踏まえる為にも直接きちんと先生に聞いた方がよいと思いますよ。
(薬を服用してる時の体調の変化も含めて)
その時の先生の答えが納得のいかないようならその時には他の不妊治療の病院に転院する事も考えても良いかと思いますが....
とにかく、頑張って下さい!!

投稿者:あった
投稿日:2003年07月30日 00:35
女性1

事務員
25歳

去年、生理時以外の下腹部痛や生理痛や量(塊など)の軽減のために飲んだ事があります。排卵を抑えるためプレマリンを3週間、生理をおこすためデュファストンを1週間飲みました。少し胸が張りましたが、生理が軽くなり痛みも減り楽でしたよ。先日の排卵痛がひどく、今後続くようなら排卵させないようにプレマリンデュファストンを飲む事になっています。プレマリンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの混合剤、デュファストン黄体ホルモン剤なので、排卵して体温が高くなっているのではないですね。また、卵巣機能を整える働きもあるので、先生はその目的で処方されたのではないかと思います。私も副作用が出て、それを抑えるのに別の薬を飲まなきゃ耐えられずに辛かった事があります。くまくまさんは副作用が出やすい体質なのかもしれませんね。他に合う薬があるかもしれないし、先生に相談してみてはどうですか?その上で、自分でどの治療をするか決定するのも大事だと思いますよ。

投稿者:こおろぎ
投稿日:2003年07月30日 20:16
女性1

主婦
0歳

私はカウフマン療法と言って、無排卵のための治療を
プレマリンルトラール黄体ホルモン剤)でやっています。
他にも生理周期が乱れていたり、内膜の状態がよくない人がこの
治療を受けます。
でもあなたの場合の投与とは違うかも知れません。

あなたの先生があなたに投与した理由は残念ですが先生にしか
わかりません。
ココで聞くよりも先生に勇気を出して聞いたほうがいいと
私も思います。


それからプレマリン等の卵胞ホルモン剤のみを飲むと
くまくまさんのお話のとおり卵巣をお休みさせるので
普通は排卵は起こりません。
ただ私のDrの話によると、本当にまれにそれでも
排卵機能が良すぎる患者さんが排卵することがあるそうです。

癌のご心配をされてるようですが、確かに外国の論文で
卵胞ホルモンのみを投与された婦人は子宮ガンや卵巣がん
かかる確率が高いと報告されました。
そのために、今は卵胞ホルモン剤を投与した後には
必ず黄体ホルモン剤(ルトラール、ヒスロン他)を
追加して投与するそうです。つまり擬似生理周期ですね。

そうすると癌になる確率はほとんどなくなったそうです。
ですから、今は更年期の女性のエストロゲン投与も
黄体ホルモン剤と併用で行ってるそうですよ。

だから心配しなくてもいいのではないでしょうか。
だいじょうぶです。先生を信用しましょうね。

>あったさんへ。
プレマリンは複合ホルモン剤ではありません。
卵胞ホルモン剤です。プラノバール(ピル)と
間違えていませんか?

投稿者:あった
投稿日:2003年07月30日 22:49
女性1

事務員
25歳

こおろぎさんへ
ご指摘ありがとうございました。こおろぎさんの言うとおり、プレマリンは複合ホルモン剤ではありませんね。頭の中でピルとゴチャゴチャになっていました。これから気をつけます、ごめんなさい。

投稿者:yumi
投稿日:2003年07月31日 08:13
女性1

!
3歳

無排卵の治療でつい先日までカウフマン療法で薬(プレマリン10錠・複合ホルモン剤のドォルトン11錠)を飲んでいました。
排卵誘発剤を時々飲むのですが、卵巣が疲れてしまいきかなくなったので、3周期カウフマン療法で卵巣を休ませる目的だと先生から説明されました。

くまくまさんの治療とはちがうようですが、先生に聞いてみるといいと思います。
治療をしているといろいろな薬がでてきて不安にもなりますが、がんばって!

お返事の受付は終了しました。